リリカル☆スアラ うみねこのなく頃に
FC2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

そしてゲームの主役は子供達へと・・・

碑文解読による当主選抜の中止。孫達に家督を継ぐべきかどうかテストするという金蔵。
ペンドラゴンの記念兵。シエスタ45と410は以前出たけど、00(ダブルオー)は今回初登場ですね。(セッちゃんは乗ってませんよw
俺って眼帯萌えなんだ・・・まぁそれはどうでもいいですね。

_000312245.jpg_000313846.jpg
_000316616.jpg_000336502.jpg

大人どもは生贄にするという金蔵。
その言葉通り、シエスタ達の矢によってどんどん殺害されていく( ´Д⊂
果敢に挑んだローザも敢無く死亡。ローザ無双ならず。

そして今回はさらに新たな家具<ガァプ>登場!!
CVは<甲斐田ゆき>さん。
00の方が甲斐田さんのイメージだったんだが…。(眼帯的な意味で
ところで00の廣田さんて何者?新人なのかな・・・


_000467066.jpg_000470803.jpg

金蔵ガープって伸ばして発音してる。エヴァ-みたいなものかw
ガァプお得意の落とし穴。この落とし穴に関してはいろいろ考察の余地がありますね。


「ママは有罪だ!!」

_000721087.jpg_000782047.jpg

過去に飛んで、さくたろうを引き裂かれたマリアのローザに対する復讐シーン。
想いの丈をぶつけるマリア。そしてローザも・・・。
ローザの罵倒に口を噛みしめるマリアの表情イイ。
罪には同等の報いを以て贖え!とマリアはローザの首をねじる。
それでもマリアの復讐は終わることなく、既に殺すこと100回・・・
今回久しぶりにグロシーンの連続。うみねこがどんな作品なのか忘れてたよ(^^;


ガァプの落とし穴に落とされた後、地下牢のような場所に監禁されたクラウスを筆頭とすする生き残り組。
不自然に置かれた黒電話を発見するシャノン。

こんなときに乳揺れしたΣ(゚Д゚;)

クラウスが電話をかけてみると、コール音が…。応じたのはゲストハウスのジェシカ。
ジェシカは助けに行くというも、クラウスはそれを拒否。自分達のことは自分達で何とかする、と。

_001061994.jpg_001132498.jpg
001204770.jpg001236268.jpg

クラウス達の前に家具を率いた金蔵が現れる。
金蔵曰く、クラウス達は孫達をテストさせるための人質。
これから右代宮の当主の座を賭けた残酷なテストが始まる・・・

括目して望むべし!!

次回 第23話「EpisodeIV-VI adjourn」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第14話 「EpisodeIII-III positional play」
第15話 「EpisodeIII-IV isolated pawn」
第16話 「EpisodeIII-V queening square」
第17話 「EpisodeIII-VI promotion」
第18話 「EpisodeIII-VII swindles」
第19話 「EpisodeIV-I end game」
第20話 「EpisodeIV-II zugzwang」
第21話 「EpisodeIV-III prophylaxis」

公式HP→http://umineko.tv/web/

『うみねこのなく頃に』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

――魔法、妄想、現実。

_000852977.jpg

縁寿が魔法と決別するシーンがちゃんとあって安心した。
あとマリアの買い物シーンとかもありましたね。
主要なシナリオ以外は先週のマリアと縁寿の対話で消化して、必要なシーンは今週ってことだったのか。時系列がめちゃくちゃだからてっきり無いものかと…。まぁ原作でもこんな感じだったか。


相変わらずさくたろうが煉獄姉妹に愛でられてる絵は微笑ましいですね~。いやむしろエロい・・・。
さくたろうもヌイグルミじゃなかったら小躍りして喜ぶべき所でしょう(^^;

000149315.jpg000172213.jpg

さくたろうを引き裂いたローザ
作り手であるローザ自身がさくたろうを破壊したことで、さくたろうの復活は不可能だというベアト。
しかし、さくたろうがマリアの妄想だということを前提に話をするならば実際の所ローザが否定したからというよりはむしろマリアがさくたろうの存在を信じることができなかくなったことが復活不可能な理由じゃないかな?
この考え方は、縁寿が煉獄姉妹の存在を否定したことも同じで、自身が魔法の存在を信じられなければ魔法は成立しえないということなのでしょう。事実、後半でマリアはさくたろうを復活させることに成功したわけですし。

「魔法」の存在を「妄想」の一言で片づけてしまったら話は簡単ですが、それは客観的な解釈であって、彼女達にとってそれはただの妄想などでは無く「魔法」なわけです。
「愛がなければ魔法は視えない」というのも、「愛=信じること」と解釈すれば分かりやすいでしょうか?

自分一人が信じているだけではそれはただの妄想に過ぎないが、他者がその存在を肯定すればそれは妄想の域を逸脱して、現実に存在することになる。

魔法は信じることで視えるようになる――
なんだか「カオスヘッド」みたいな話ですが、この理論を当てはめてEP3までのゲームを振り返ってみると、いくらか解決するエピソードもあるのではないでしょうか?

観念的な話ばかりしてきましたが現実的な意見として言い換えるならば、六件島の事件は「犯人が相手に魔法の存在を認めさせるに足るような状況、イベントを演出した」ということ。また、それによって(もしくは以前からそれぞれが抱いていた)妄想がぶつかりあって真実が歪められた。と同時に第三者にとってはそれが魔法として観測された。

まったく見当違いかもしれませんが、『人間犯人説』を依拠した場合、こういうことなんじゃないのかな~というのが私の考え。EP4は動きが少ないから、どうしても頭でっかちな記事になってしまうな~(^^;

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第14話 「EpisodeIII-III positional play」
第15話 「EpisodeIII-IV isolated pawn」
第16話 「EpisodeIII-V queening square」
第17話 「EpisodeIII-VI promotion」
第18話 「EpisodeIII-VII swindles」
第19話 「EpisodeIV-I end game」
第20話 「EpisodeIV-II zugzwang」

公式HP→http://umineko.tv/web/

『うみねこのなく頃に』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

真実は観測者によって形を変える・・・

000336885.jpg000297695.jpg
000236334.jpg000341789.jpg

縁寿から観てマリアは不幸であっても、マリアは自らを不幸だと思ってはいなかった。
見たくないものは見なければいい、知りたくないことは知らなくていい。
マリアは事実を直視して不幸になるよりも、魔法というメガネを通して世界を見ることで、幸せである道を選んだ。
むしろ、そうせざるを得なかったといった方が正しいか。

それが「原初の魔法」だとマリアは語る。
自分はマリアージュソルシエールに名を連ねる、原初の魔女なのだと。
そして、縁寿は自分もその魔女同盟の一人だったことを思い出す。

あれ?マリアとの対話で縁寿の過去を消化するつもりなのか・・・
マリアの過去も何かあっさり風味。お遣いのシーン無かったね。
もっと学校生活とか描こうよ!
縁寿の<魔法との決別シーン>は心に響くものがあったのだが、それさえも回想で済ませるとか、どうなってんだ!?
あと、背景がずっと白と黒のまんまなのは手抜きに見えてしまう。



絶対に報われない戦い・・・

001271819.jpg

ラムダデルタは、ベルンカステルが縁寿に重要な秘密を隠していると語る。
例えゲームに勝って、バトラが縁寿の元に帰ってきたとしても、それは12年前の縁寿の元であって、今の縁寿は絶対に幸せになることはない。
ベルンカステルの駒でしかない縁寿に、ラムダは「勝つのではなく引き分けを続けることで、永遠にバトラの側にいてはどうか?」と甘い囁きを・・・
という所で次回に続く。

正直、駆け足過ぎて良い所が全部カットされてた感じ。
アニメ組はついていけてないよね、きっと( ´Д⊂
これまではバトラとベアトの対決がメインだったから、それとは趣を異にしたEP4に違和感を感じられるかもしれませんね。
率直に言って、説明が明らかに不十分!!
尻切れトンボな終わり方が容易に想像できるから余計心配・・・


ちょっと考察・・・

事件の方は、やはりボトルに入っていた内容の異なる二つの手記っていうのが鍵になるのかな。
マリアのノートの筆跡を見せた時の男の反応から、その手記はマリアが書いたことは間違い無い。
だとしたら何故事件の内容が異なるのか・・・
これまで見てきたような<繰り返されるゲーム>が、現実に起こったことだとしたらその説明もつくが、それだと魔女の存在を間接的に認めてしまうことになる。(勿論、手記に書かれた事件の内容が、それぞれEP1~EP3に起きたいずれかの内容と一致することが前提だが。
また、手記の内容がすべてマリアの妄想だとも考えられるけど、そんなことをする理由が思い当たらない。あえて言うなら、世間に六件島の事件を謎めかせ、魔女の存在を匂わせる為の工作?
いずれにせよ、今言えるのはマリアが事件に大きな関わりを持っていること。ひぐらし同様独自のルールがこれから明かされる可能性は大いにありますし、それまでこの問題は保留かな・・・

思いつくままに書いてるから、おかしいところがあるかも。
皆さんはどう思いますかね~~?


次回 第21話「EpisodeIV-III prophylaxis」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第14話 「EpisodeIII-III positional play」
第15話 「EpisodeIII-IV isolated pawn」
第16話 「EpisodeIII-V queening square」
第17話 「EpisodeIII-VI promotion」
第18話 「EpisodeIII-VII swindles」
第19話 「EpisodeIV-I end game」

公式HP→http://umineko.tv/web/

『うみねこのなく頃に』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

家族を魔女の手から取り戻すため、縁寿は1986年10月4日へ向かう。
とは言いつつも、EP4のメインは縁寿の過去なんですがねw


可愛いベアトが帰ってきましたよ~~

000251583.jpg

前回とは打って変わってコミカルなシーン。
バトラ立ち直り早過ぎやしないかw
縁寿は「冗談は髪型だけにして」って、この世界でもバトラの髪型はおかしいっていう認識あるのね。

縁寿がバトラに告げた自らの名は「グレーテル」
この名前から、自分が妹であるということを暗に示してることは明白ですね。
バトラも薄々気づいてたんだっけ?

六軒島の事件以来、家族を失った縁寿は絵羽に引き取られ、家でも学校でも執拗なイジメを受ける。
そんな彼女が心の依り心にしたのはマリアと魔法。

000524231.jpg000603268.jpg

マリアとさくたろう
マリアがローザに貰った初めてのプレゼント。さくたろうのCVみのりんじゃねーか(#゚ロ゚#)
まるで千秋が「ふじおか」の中にいるみたいだ(笑

ローザは仕事で忙しいと言いつつ、実は浮気中~
どうしようもない親だけど、手放しで彼女を責めることも出来ない( ´Д⊂

小此木登場!
ひぐらしファンはニヤリとするでしょうねw
縁寿の財産を狙う須磨寺家の追ってから縁寿を救ったのは「天草十三」なる人物。縁寿のボディーガード的存在です。CVの遊佐さん合ってるな~
天草は今考えるといろいろ怪しさの漂う人物なので、彼の動向にも注意した方がイイかも。

000722053.jpg000892265.jpg

ゲーム開始前にすでに金蔵は亡くなっており、開始時点の人数は17人だった。
だとすでば、18人目の人物Xの存在を肯定することができ、赤き真実にも矛盾しない。


新ルール<青き真実>!!

「青」で宣言することで魔女は反論する義務が発生する。
ただし、「青」で語られた言葉に魔女の存在を否定する内容が含まれていないと「青」は成立しない。

001230520.jpg

推理は「点」でなく「面」。魔女には散弾銃で向かうのが必定。
縁寿に頼りっきりなバトラ。他人に影響されやすいというか何というか・・・
いまさら言うのもなんですが、バトラって探偵向きじゃないよね(^^;
これからバトラには縁寿の傀儡として頑張って欲しいです(●'д')bファイト

次回はいよいよ金蔵の登場ですが、予め「金蔵は死んでいる」と言われているので、金蔵が魔女幻想だということはバレバレです。それもあって、EP4の六件島はイマイチ盛り上がれないんだよな~~。何度も言うようですが、EP4は縁寿の過去がメインです。

次回 第20話「EpisodeIV-II zugzwang」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第14話 「EpisodeIII-III positional play」
第15話 「EpisodeIII-IV isolated pawn」
第16話 「EpisodeIII-V queening square」
第17話 「EpisodeIII-VI promotion」
第18話 「EpisodeIII-VII swindles」

公式HP→http://umineko.tv/web/

『うみねこのなく頃に』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

レンタルCGI ブログパーツ