リリカル☆スアラ NEEDLESS
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良いワキ(*>ω<*)ノ

00447864.jpg

普段からワキ出してる娘は違うなw
最終回だというのにこんな所に注目してていいのだろうか(笑


アルカのふともも(*´∀`)

00313896.jpg00326034.jpg
00783616.jpg00881755.jpg

もう少しで直垂が破れそうです(ドキドキ
最終回だからなのか、今回作画に気合が入ってる。いつもと塗りが違うけど、それもまた良し。
NEEDLESSって全体的に作画はよかったと思う。(例の超作画は意見の別れる所だと思うが…。


大☆変☆身

_000380713.jpg_000331664.jpg

を遂げたアークライトに総力戦を挑む仲間達。
しかし神となったアークライトの力は強大。そこで出番なのが、名軍師クルス山田。なんだかんだで頼りになる存在です。

昨日の敵は今日の友――
アルカや美少女部隊も共闘してアークライトに立ち向かう。
しかし重くなりすぎず、いつもの軽いノリも健在。あとパンチラもw

最後はブレイドとイヴが二人で特攻!!

01189396.jpg01187603.jpg

ブレイドを守る羽は、以前研究所の爆発の際ブレイドを守ったものと同じ。
回想で数話費やした分が生きてるな~と思って関心。

しかしブレイドとアークライトの最終戦があまりにも短かったのは残念。
尺が足りないのか!?そうなのかΣ(゚Д゚;)

その後、クルス達はそれぞれの道を進むも、クルスは偶然ブレイドとイヴをの再会を果たす。
「クルス・シルト」ってやっと名前で呼んでくれたw
そして俺たちの戦いは終わらないぜ!的なノリで三人の旅は再び始まる…。

01426883.jpg

という所で本編終了なわけだが、どう考えても尺が足りてない。半分打ち切りみたいな終わり方です。(←少年誌によくある感じの…
ブレイドとアークライトの決着の話をあと1話じっくりやってたら、もっと良い終わり方になったと思う。
なぜ全26話にしなかったのか…。いろいろ事情はあるんだろうけど、最後の部分だけはリメイクしてほしいな~

と、まぁラストの不満。途中からほとんどシメオン本社での戦いで、世界観が思ったより広がらなかったことなどのマイナス要素はありつつも、全体を通して面白かった。

具体的に、どこがどう面白いのかと言われると困るのですが、とにかくノリとテンポが良いのは確か。それと、エロとギャグのバランス。局所的な感想は過去の記事を読んで頂けたら少しは分かるかと。

世間的には反応の薄いNEEDLESSだったけど、個人的にはかなり評価は高いです。
人気が出なかったのは、いわゆる中二病設定が受け入れられなかったことが大きいのかな。最初の段階で敬遠してた人が多かったのではなかろうか?

王道過ぎるアニメは今の時代に受けが悪いというのは、ティアーズ・トゥ・ティアラと同じか…。
今までの記事を読んで、少しでも興味持ってくれた人がいたらうれしいです。

これで2クールに渡って続いたNEEDLESSの感想は終了です。
今まで読んでくださった方、ありがとうございました!
アニメの感想、記事の感想など何でも良いので皆さんの意見を聞かせて頂けたらうれしいです。


↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第11話 「ブラック・アトラクション」
第12話 「胡桃」
第13話 「白毫」
第14話 「リリス・テンプテーション」
第15話 「第四波動」
第16話 「アルカ・シルト」
第17話 「レジスタンス」
第18話 「アグニッシュワッタス」
第19話 「ポジティブフィードバック・ゼロ」
第20回 「A-B」
第21回 「A-A」
第22回 「666人委員会(トリプルシックス)」
第23話 「左天」

『NEEDLESS』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

スポンサーサイト
全世界の神となる!!

_000161619.jpg_000235485.jpg
_000250583.jpg_000253086.jpg

『イヴ計画』とは神のパートナーを生み出す計画だった。
その計画によって生み出されたのがイヴであり、彼女はカスミを素体として造られたからこそ左天はイヴを求める。
となると、左天はやっぱりカスミのことが好きだったんでしょうねw
世界の神となるといいながら本当の目的は女一人を手に入れること。
いや、こういうロマンチストな男カッコいいじゃないか('∀'*)



アークライト死亡による、璃瑠様の嘆きっぷりが萌えるw
璃瑠はアークライト復活のため、左天を生贄にすることに。
璃瑠の命により、美少女部隊が佐天に襲いかかる…。
最初は少女部隊を生贄にするのかと思ってちょっと焦った。

_000158241.jpg_000653903.jpg
_000627376.jpg_000618075.jpg

神は死からの復活を以て神となる

かの西方の神も『復活』によって神としての位格を高め、その存在を確固たるものとした。璃瑠もそれと同じことをアークライトにさせようということですね。


久々のパンチラ♪

_000751500.jpg_000773606.jpg
_000775900_20091204134321.jpg_000780362.jpg

やっぱりNEEDLESSはパンツが無いと締まらないな(^^
しましまパンツが懐かしい。セツナはすっかりパンチラ要員ですよねw


話は過去に遡り、璃瑠とアークライトの出会い・・・って、

えEEEEEEEΣ(゚Д゚;)

_000852893.jpg

何やってんのこの二人!
これはランス的なアレですか。敵国の将を破ったら自分の女にするという…。
しかしまさかの触手プレイ・・・(ゴクリ
アークライト、触手の使いどころを分かってるな。


この時璃瑠はエデンズシードを身体に植え付けられて、それをアークライトに再注入することでアークライトは復活を果たしたと。
アークライトは璃瑠と同化したってことでいいのかな?
・・・もうエデンズシードってアレだとしか思えない(^^;


アークライトの復活左天の死

璃瑠の思惑通り、アークライトは復活。
左天はその生贄となってしまった( ´Д⊂

001262052.jpg001001041.jpg

「イヴを……還します」

ギドにイヴを託し、消えゆく左天。
最後まで愛に生きた左天・・・男前過ぎるぜ( ´Д b

今回は長らく出番が無かった璃瑠の存在意義もしっかりあったし、言い方は悪いが左天も最終回への良い踏み台となった。

次回はいよいよ最終回!!
全26話かと思ってたらもう最終回なのね。
サブタイ『クルスシルト』って山田がイイ所持っていく気かΣ(゚Д゚;)

2クールの間1回も落とさず感想を続けたアニメは多分これが初めてなので、そういう意味でも感慨深い作品です。アニメは原作とは異なる展開のようですが、次回でどのようなオチをつけてくれるのか楽しみ。心して次回を待ちましょ~

_001428510.jpg
↑オマエ誰だよww 某英雄王みたいになっとるがなΣ(゚Д゚;)

次回 第24話 「クルス・シルト」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第11話 「ブラック・アトラクション」
第12話 「胡桃」
第13話 「白毫」
第14話 「リリス・テンプテーション」
第15話 「第四波動」
第16話 「アルカ・シルト」
第17話 「レジスタンス」
第18話 「アグニッシュワッタス」
第19話 「ポジティブフィードバック・ゼロ」
第20回 「A-B」
第21回 「A-A」

『NEEDLESS』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

000135051.jpg000281072.jpg

とりあえず今回のタイトル「666人委員会(トリプルシックス)」とは、アークライトを密かに保護し研究を続け、シメオンを影で牛耳る組織。
最終的な目的は不老不死であり、すべてのフラグメントを回収するというアークライトの目的と利害の一致によって協力するも、邪魔になったからブレイドと戦わせてポイする計画だったようです。
・・・説明が多くて整理するのが大変(*´-д-)フゥ-3


ブレイドのビフォーアフターorz

_000172422.jpg

昔はあんなに良い子だったのに・・・(よよよ

とうとう本編でも突っ込まれましたね。
ギド爺さんやっぱり後悔してたんだ(。´pq`)クスッ


ブレイドの髪が逆立って、

Sサイヤ人みたいになっとるΣ(゚Д゚;)



000127085.jpg_000197614.jpg
_000305054.jpg_000390515.jpg

もしくは遊戯王?学ランって所で天上天下の凪(昔)でもイケそう。
グラサン無し+髪型が違うとブレイドじゃないみたいですな。
逆拒絶反応の影響でフラグメントが使用不可能になり、戦いは肉弾戦へと…。
アークライトの腕をへし折って歓喜の声を上げるブレイドみてたら、本当に主人公なのか疑問に思えてきた(^^;
アークライト、骨見えちゃってるよ・・・。



左天の反逆キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

_000850641.jpg_000857356.jpg

もともと「666」のスパイだったらしいが、ここにきて反逆。
見るからに反逆児っぽいもんね。相手の思惑通りになるようなタマじゃないぜ!

肉体の維持には定期的なメンテナンスが必要らしいが、それもイヴがいれば問題なし。
イヴを殺そうとしなかったのにはそういう理由があったのね。
そして左天の正体は、やはり例の研究者の男<神無月鏡司>だったか。
研究所の爆発の際、瀕死の重傷を負ったが666に助けられた、と。


――同じ戦闘力なら神が悪魔に勝てるわけない

_000954370.jpg

まさかこんなシーンが見られる日が来ようとは…。
最強に思われたアークライトを凌駕するブレイド。これぞまさしく熱血バトル物の王道……NEEDLESSの醍醐味だ!
悪魔じみたブレイドが素敵です('∀'*)


肉弾戦ではブレイドの方が一枚上手かと思われたが、あと一歩の所でアークライトの逆転・・・
しかしそうはさせないと、ここにきて左天登場。

_001084249.jpg001110984.jpg
_001110067.jpg_001138554.jpg

アークライトに心酔する璃瑠様は左天に攻撃を試みるも、左天の複数のフラグメントを駆使した攻撃によって返り討ちに…。


遂に包帯で隠された素顔が明らかに・・・

001122079.jpg001124081.jpg

ブレイド、アークライトと同じ顔!!これで同じ顔が3人に・・・
と、まぁそんなことより私は璃瑠様のおっぱいが気になってるわけですが(^^;
カンダタストリングで縛られた時の璃瑠様、もしかしてちょっと感じてらっしゃる?(ハァハァ
むぎゅ!ってなったおっぱいに感動( ´Д⊂


さて、本編ですが・・・

_001252042.jpg_001268850.jpg

アークライトは左天によって葬られてしまいました。
う~む、てっきりアークライトを殺すのはブレイドの役割だと思ってたので意外な展開。
気になるのは、アークライトが本当に死んだのかどうか…。
鉄骨みたいなので弱点である心臓貫かれてたし、流石に復活は無いかな?って思う反面、ここで退場ってのも少々寂しい気がするし、アニメの展開上左天がラスボスでは役不足な感は否めない。もう一波乱あるでしょうね。
まぁとりあえず次回予告を見る限り、復活はなさそう。


兎にも角にも、今回は左天の活躍に首ったけ。

左天カッケーよ左天(〃▽〃)

_001416456.jpg_001428343.jpg
↑予告の腹筋に惚れたwww

次回 第23話 「佐天」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第11話 「ブラック・アトラクション」
第12話 「胡桃」
第13話 「白毫」
第14話 「リリス・テンプテーション」
第15話 「第四波動」
第16話 「アルカ・シルト」
第17話 「レジスタンス」
第18話 「アグニッシュワッタス」
第19話 「ポジティブフィードバック・ゼロ」
第20回 「A-B」
第21回 「A-A」

『NEEDLESS』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

研究者がウィキの知識に頼るなww

_000124582.jpg

ブレイドとアークライト。神のクローン同士が出会うと何やら大変なことになるらしい。
まあそれは置いといて、前回の続き・・・
イヴはブレイドと出会って早速ブレイドのことを「石田」と命名。
イヴに日々勉強を教えるブレイドだけど、イヴのアホさ加減に頭を抱える。

_000376334.jpg_000382840.jpg
_000471262.jpg_000588462.jpg

イヴはこの頃からアホ可愛かったんですねw
キタエリの「アホの子+幼女」の演技はホント素晴らしいよ。

イブがブレイドを無断で連れ出したせいで、二人の会えない日々が続く中、アークライトがブラックスポットから復活して、研究所に復讐にやってきた。
ブレイドの朴さんの声と、化け物染みたアークライトを見てたらハガレンを連想せざるを得ないな。
それにしてもドッペルゲンガーって厄介な能力。驚異の再生力です。これがドッペルゲンガーの本当の力だとしたら、イブのそれはまだ未完成なのかな。

二人のアダムのオリジナル。神と呼ばれた存在。
ザ・セカンドの肉体を手に入れたアークライト。

_001155529.jpg_001194401.jpg

アークライトとザ・セカンドの融合による逆拒絶反応により、辺り一帯は綺麗さっぱり吹き飛んだ。
イヴのシールドでブレイドとギドは助かったものの、ブレイドはイヴは記憶を失ってしまった。
ギドは「666」なる組織から逃れるべく、ブラックスポットへ二人を連れて逃げのびた。

記憶喪失になったせいで、ブレイドは変態になってしまったのか( ´Д⊂
一つ謎が解けました。子供の頃のブレイドから今のブレイドは全然想像できないもんね。
しかしながら、イヴは昔と余り変わってない。もともとアホの子だったからかな(^^;
作中にイブは唯一ブレイドの子孫を残せるとかなんとか言ってたけど、実際この二人の関係ってどうなんだろう。今の二人を見てたら、恋愛に発展しそうには見えない。昔はイイ感じだったのに・・・記憶喪失が影響してるのかな?

これにて回想終了。予告にて、


神父は魂の叫び・・・

パンチラが全然無いぞ---------!!


私を含めて多くの視聴者が抱いていたであろう思いを代弁してくれました。
制作側も、パンチラが無いことを気にしてたんでしょうね(^^;

左天の正体については次回以降なのかな?
今回の話で、カスミの死後も神無月がイヴの近くにいたということは分かったし、やはり関係はあるのでしょう。

次回 第22話「666人委員会(トリプルシックス)」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第11話 「ブラック・アトラクション」
第12話 「胡桃」
第13話 「白毫」
第14話 「リリス・テンプテーション」
第15話 「第四波動」
第16話 「アルカ・シルト」
第17話 「レジスタンス」
第18話 「アグニッシュワッタス」
第19話 「ポジティブフィードバック・ゼロ」
第20回 「A-B」

『NEEDLESS』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

レンタルCGI ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。