リリカル☆スアラ 刀語 -カタナガタリ-
FC2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

お姫様抱っこはいいんだ・・・

000303344.jpg000741365.jpg
000269018.jpg000209876.jpg

おんぶや肩車は恥ずかしいので、お姫様だっこを所望するとがめ。
世が世ならばお姫様らしいので、やっぱり本能的にお姫様だっこがいいのか?

髪マフラー再び。
今回はさらに髪マフラーした状態で、本体とも密着という上級プレイ。
ジタバタするとがめが可愛いです(>v<*)v


池田晶子さんに「巫女萌え」って言わせるな(笑
巫女服姿を披露したとがめ。
でも、あれは巫女服っていうより袴に近いよなぁ…。
七花が理解できないのも無理ないか。
今度はもっと一般的なやつでイケばいいと思うよ。


VS敦賀迷彩:千刀「鎩」(セントウ・ツルギ)

002634988.jpg002139076.jpg
002211815.jpg002725078.jpg

帯刀せずに戦う千刀流の弱点は、戦場に刀が無いこと、それに千刀「鎩」が加わったら弱点は克服される。
しかし、それには事前の準備が必要ということで、やはりネックは残る。
ゲートオブバビロンが使えたらいいのに…。


質より数で勝負っていう発想は面白い。
でも、今回の戦闘では使い捨て感があまりでてなかったのが残念。
森に潜ませたあれだけの数の刀を使わず仕舞いってのは勿体無かったかな。
斬っては捨て斬っては捨て・・・という戦闘を期待していたので(^^;


最終的に勝ったのは七花で、今回も相変わらずな強さでしたが、その強さに不安も感じる。
<自分は刀であって、とがめの命令に従うだけだから迷うことはない>
一意専心。自分で考える事を放棄することが、彼にとって良いことなのか、それとも・・・



ED「千本千女の刃毬唄」/歌:畑亜貴

作詞家として有名な方ですが、歌手としての畑亜貴さんは初めて!
感想は・・・ううむ、難しい。
曲自体は、アリとか妖精帝國に近いイメージ。


次回は、4月16日放送予定。
日本最強の敵を前に七花はどう戦うのか。
見ごたえのある戦いが見えそうなので期待大です。


次回 第4話 『薄刀・針』

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
刀語 -カタナガタリ- 第1話 『絶刀・鉋』
刀語 -カタナガタリ- 第2話 『斬刀・鈍』

アニメ公式HP⇒http://www.katanagatari.com/

『刀語』の関連商品(Amazon.ne.jp)
クンカクンカ・・・

_000391891.jpg_000432765.jpg

長らく流刑先の島で姉と二人暮らしだった七花。
匂いを覚えないと、他者との区別が付きません。

ということで、これは入念に匂いを嗅がなきゃダメだよねw
ペッティングのお許しも出た事だし、もっと匂いの強そうな所を(ry

この後のシーンでも出てきたけど、髪マフラーって良いよね。
最近だと、『あまつき』の朽葉が良い髪マフラーを持ってました。


パンツ履いて無い……だと……

_001774681.jpg

いや、この時代パンツは無いのか・・・。
いずれにせよカメラさんナイス( ≧▽≦)b

「宇宙人に誘拐されたかと思ったわ-----!!」
と子供っぽい反応をみせるとがめさん。
もう少し薄着ならば、胸があらわになったものを(チッ

「斬刀・鈍」の所有者にして、
居合抜きの達人・宇練銀閣 (うねり ぎんかく)
必殺の居合い斬り「零閃(ぜろせん)」に加え、血液で鞘走りを湿られることで更なる神速を可能にするらしい。
そんなに大胆に斬らなくても、刃で指先をちょいと切るくらいでいいんじゃ・・・


ギャフン!!


とがめを踏み台にしたΣ(゚Д゚;)


_002628124.jpg_002651898.jpg

天井は居合の射程範囲外だったようです。
銀閣は七花の百花狼藉にて瞬☆殺
会話シーンの長さに引き換え、戦闘シーンがあまりに短い(^^;


没個性に悩む主人公ですが、今回の話で一番個性があったのは逆さ言葉を使う忍者でした(笑
とがめの口癖・「チェリオ!」は「チェスト!」と勘違いしてたのね。成程。

本編に関しては物足りない部分もありますが、ゆかりんボイスが聞けるだけで僕はもう…。
他に女性キャラが出てこない事も手伝って、とがめラブ度は高いです。
あ、次回は女性のキャラ出るのね。

_002968798.jpg

次回 第3話 『千刀・椴』

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
刀語 -カタナガタリ- 第1話 『絶刀・鉋』

アニメ公式HP⇒http://www.katanagatari.com/

『刀語』の関連商品(Amazon.ne.jp)
萌えと時代劇の融合!!

_000153153.jpg_000317817.jpg
_000580830.jpg_001640221.jpg

元永慶太郎×上江洲 誠
「スクイズ」や「あかね色」などエロゲ原作を手がけることの御二方ですが、今回はその路線とは一線を画すアニメの様子。
原作は「化物語」の西尾維新ということですが、時代小説ということで雰囲気とか内容とかは全然違います。(独特の会話劇テイストは変わらずですが)原作未読なのでこれからどうなるのかは分かりませんが。

WHITE FOX(ホワイトフォックス)
という制作会社は余り耳にしなかったのですが、ウィキ先生によると「うたわれるもの」のメインスタッフが主体になってるようです。
ティアーズ・トゥ・ティアラ』に続いて今作が二作目ということらしい。

主人公の鑢七花(やすり しちか)と、その姉・鑢七実(やすり ななみ)
父親が島流しに遭い、以来島で二人暮らし。

七美のCVは中原麻衣さん。
病弱設定がうたわれのユズハと被りますね。

他にも、

鑢六枝(CV:大川透)

左右田右衛門左衛門(CV:小山力也)


と、「うたわれ」「ティアティア」の主役二人の姿も。
他にも、ナレーションをメーテルでお馴染みの池田昌子が務めたりと、声優陣には力が入っていそう。
そういえば、池田昌子さんは『こんにちわアン』でもナレーションをされてましたね。

_000510134.jpg

奇策士(自称)・とがめ(CV:田村ゆかり)
七花に斬りかかってきたかと思えば、石につまずいてコケるw
デキル女風なのに、意外とドジっ娘なのかな(^^;
「私に惚れていいぞ」と素っ頓狂なことを言い出したり、この子、ホントに奇策士とは程遠い気が…。


口から刀を出す忍者といえば、『バジリスク』の地虫十兵衛。
あれは槍だったか?まぁ両者共にびっくり人間ということは同じw

――絶刀・鉋(カンナ)
七花は素手で破壊しようとするも折れず。
いや、素手で折ろうとするのもどうかと思うがw
鉋と聞くと『11eyes』で美鈴先輩が使ってた鉋切長光を思い出す。

↓アニメではあまり活躍しなかったけど(^^;
img2589a70bzik4zj.jpeg


「第1話で終わってしまう」「本でも書くつもりかよ」
と、画面の外を意識した発言(笑
それとも本当に、この話全体がとがめが書いた本の内容という設定になってるのだろうか。


口からクナイを吐いてとんずらする蝙蝠。
奇策士が人質に。この子意外と使えないw
先程の「惚れてイイぞ」発言を茶化されて
頬を染めたりと、可愛い所があります♪

_002109816.jpg

びっくり忍者・蝙蝠。
何をするかと思えば、とがめに変身したΣ(゚Д゚;)
超絶変身にして完璧な声帯模写。一体どうなってるんだ・・・
中身は男とはいえ、見た目はそのまんまとがめ。
髪ブラとはエロイ。。。

七花はとがめの外見に全く留意せず、反射的に蹴りを!!

姉意外の人間の区別が付かないという七実。
せめて性別は分かれよwww
真面目に分析してる蝙蝠の反応が一々面白いです(笑

七花強し。素手で七実に変身した蝙蝠を倒してしまいました。
でも技名は達筆過ぎて読めない(´Д⊂ヽ

逆さに縛られた奇策士。瞳が綺麗だとホメられて赤面(*´∀`)

_002658304.jpg_002680368.jpg

「勘違いしないでくれ。あんたの為なんだからな
ツンデレとは対極の直球セリフwww
七花はとがめと対照的な性格で、そのあたりも見どころとして面白い。
しかも、「あんたに惚れることにする」とストレートな告白まで。
この男天然のジゴロだ。

舟に乗って七花はとがめと共に島の外に…。
超世間知らずの男が刀集めの旅に出る。というのはワクワクしますね。
この先の物語が非常に楽しみ。どんな童貞道程になることやらw

最後に七実が「あんなに弱いのに大丈夫か」みたいなこと言ってたけど、何に弱いんでしょうかねー
あんまり大したことじゃないとは思うけど。戦いでは負けないと思うしw


OP:栗林みな実『冥夜花伝廊』

ED:妖精帝國 『誰そ彼の月華』


どちらも好きなアーティストですが、アニメと合っているかと言えば・・・
まぁ、曲単体としてだとかなり好きであることは確かw
しかし『冥夜花伝廊』という曲名。冥夜と聞けば、御剣冥夜のイメージしか…。
しかも刀がテーマのアニメだしね。是非この曲と冥夜でMADを作ってほしい。

いや~面白かった。
一時間作品ということで、じっくり楽しめます。最近だと『異世界の聖機師物語』しか一時間作品は観てない気がする。その前はムネモシュネ。

絵が合わないかな~と思っていたんですが、特に気になりませんでした。
時代劇と萌えの合わさったような新しいキャラデザでむしろ新鮮。
アニメによっては他のアニメとキャラデザの区別がつきにくい作品もありますが、これだとその心配は無さそう(苦笑

次回は2/8(月)25:10~放送予定。
感想書くかは分かりませんが、確実に観ます!!


次回 刀語 「斬刀・鈍」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

アニメ公式HP⇒http://www.katanagatari.com/

『刀語』の関連商品(Amazon.ne.jp)
レンタルCGI ブログパーツ