リリカル☆スアラ 2009年09月
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

タイトル:『最凶魔法少女アリナ』
ブランド:Lusterise
発売日:2009/09/25
原画:雪村一
シナリオ:すまっしゅぱんだ

<声優>
芹園みや(浦和 美園) , ヒマリ(陽茉莉)(赤羽 友美) , 水瀬沙季(大宮 アリナ) , 安堂りゅう(鶴見 花月)

最凶魔法少女アリナ最凶魔法少女アリナ
(2009/09/25)
Windows

商品詳細を見る



↓18歳以下は見ちゃダメ!


続きを読む≫
作品名:『フェリ先輩に蹴られえて踏まれたいっ!!』
ジャンル:同人誌
発売日:2009/08/16 (C76)
サークル:丸太道場

feri-000.jpg

ドM企画の第8回。
丸太道場さんの最新作『フェリ先輩に蹴られえて踏まれたいっ!!』です。
今回も丸太道場さんはやってくれましたww

↓18歳歳以下は見ちゃダメ!
続きを読む≫
ここにきて、ようやく不幸のゲージの存在を知ったプリキュアチーム。

今回のラビリンスは仲良く共同戦線
ナケワメーケは日捲りカレンダー

見よ!パインの雄姿を!!
000967132.jpg
↑他のみんなガンガン戦ってるのに、一人必至にしがみついて足を抑えてるパインに萌え(〃▽〃)

お腹(#゚ロ゚#)

000960075.jpg
↑フェチズムを感じたので思わずキャプったw

パインの活躍により、あっさり吹っ飛ばされるナケワメーケ。
時間を操るという超絶能力を有するも、戦闘には不向きだったのか…w

しかし今回のラビリンスは一味違うぜ。
ウェスターがデコトラをナケワメーケ化して反撃するも・・・

001270060.jpg001241073.jpg

あと一歩の所でプリキュアに敗北。
しかし、ウェスターは「これでいい」と言い残し去る。

「不幸のゲージが満タンになった。」

泣きわめくシフォン
なんということだ!シフォンがインフィニティだった!?

001327050.jpg001316048.jpg

プリキュアチームが敵の目的を知るとともに、不幸のゲージMAXでインフィニティ登場
物語の転換点ともいうべき話数でした。


次回 第35話 「シフォンの隠された秘密!」


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村
↑現在参加してます。気が向いたらポチッとお願いします。

関連商品
2クールに渡って続いたこのアニメも、ついに最終回。
強大な敵を前にアロウン達は最後の戦いへ・・・

000113238.jpg

レクト―ルを喰らい、姿を変貌させた<メルカディス>
なんて禍々しいんだ(((;゚д゚))) しかもとんでもなくデカい!

000280947.jpg000306514.jpg

>エレクトラム砲
かつてアロウンが破れた攻撃ですね。確かにヤバそうだ…

メルカディスを滅ぼすことができるのは、リアンノンの<力の言葉>と呼ばれる呪い歌だけ。
しかしリアンノンは言葉を思い出せない。
リアンノンが言葉を見つけるまで、アロウンとアルサルが時間を稼ぐが…

000305179.jpg000310435.jpg

エレクトラムによって負った傷は完全に癒すことができない。
アロウンに手を差し伸べるアルサル
かつてのプイルをアルサルに重ね、アロウンは立つ。

花畑と澄み渡る空。仲間の姿。
答えは自分の中にあった――

リアンノンの<言葉の力>
000807681.jpg
000918250.jpg000867658.jpg

滅びゆくレクト―ル
最後はアルサルの一撃によって葬られた。

小さな王<レギアス>
001104561.jpg

ここから始まる<アヌーブン>への道
物語はこれからは始まる・・・


EDテーマは、
Suaraさんの3rdアルバム『太陽と月』に収録されている『memory』
まさかここで使われるとは夢にも思わなかったw

エポナとタリエシン
001269643.jpg001278652.jpg
最後にもう一度二人のやりとりが見れてよかったw
抱っこされてるエポナカワユス('∀'*)


「寒くないか」
「今はエドラムよりもお前が巻いてくれた襟飾りの方が、暖かくて役に立つ」


001402150.jpg
これはアロウンに惚れても仕方ないww
最後までイイ男過ぎます(#゚ロ゚#)




000004879.jpg

これぞ王道!!
このアニメのテーマの一つである<王道>
その言葉通り、ファンタジーの<王道>を突き進んだアニメでした。

近年、奇をてらった作品やアンチヒーローが好まれる風潮の中、こういった王道ファンタジーモノは貴重です。盛り上げる所ではしっかり盛り上げてくれましたし、シナリオ構成もしっかりしていました。
何より戦闘シーンの作画クオリティが高かったのが好印象です。

決して派手な作品ではありませんが、地味に名作。
面白かったですw

『ティアーズ・トゥ・ティアラ』の記事も今回をもって終了です。
今まで読んで下さった方、ありがとうございました(^0^)


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村
↑現在参加してます。記事がよかったら押してください。

関連商品
レンタルCGI ブログパーツ