リリカル☆スアラ 2009年11月28日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

アカちゃん読解力あるな~~


幼児並みの(笑



000274065.jpg000288538.jpg

読書大好きくりむちゃん。その読書遍歴とは・・・

うさぎとかめ
かさじぞう
はなさかじいさん
しらゆきひめ
あかずきんちゃん←今ココ


原点回帰もジャンルがこれでは(ノД`)
くりむ曰く、白雪姫が最も難解らしい。恋愛要素が絡んだお話だからなのかな?
さらに白雪姫にはキスシーンもあるしね。アカちゃん大人ー(^Д^)ノ

真冬の読書は主にBL。
メロスは確かにBL要素あるかも?w
タイトルも一文字換えたらエロスだしね。


机の上に身を投げ出す会長が何かイイ(*>ω<*)ノ


000660910.jpg000674215.jpg
000689188.jpg000712378.jpg

子供っぽい所作が可愛いですよね~。他のキャラだとこうはならないと思う。
ツンデレな反応もくりむだと嫌みが無いというか自然な反応なのがいいよね。
昨今の視聴者はテンプレなツンデレ台詞だけでは満足しないのです!


今明かされる会長の悲しい過去?
というのは勘違いで、知弦さんの過去についてのお話。
生徒会メンバーがくりむのことだと勘違いするのは無理もなく、昔は知弦さんもアカちゃんというあだ名だったみたい。

000763596.jpg001123080.jpg

当時知弦を孤独に追いやっていた張本人<宮代奏>と再会を果たす知弦。
相手の痛みを知るからこそ許せる――
後半は一存には珍しくなんだかしっとり真面目なお話。
アバンの鍵君と知弦。握手占い。といろいろ繋がってた所が全体のまとまりとしてよかったと思う。

会長は知弦の怒りを買い、三日三晩頬をふにふにされたらしい。
おかげでアカちゃんの頬っぺはツヤツヤ♪

001188353.jpg001191607.jpg

ゲルマンローラーみたいなもんなのか?w
そんなことされなくても、元々会長のホッペはツヤツヤプニプニでしょ!
勿論赤ちゃん並みのプニ度で(`・д・´)9m ビシッ!!

※予告でレールガンと刀鍛冶ネタにされたΣ(゚Д゚;)


▼アイキャッチ

000726517.jpg
000732022.jpg

次回 第10話『片付ける生徒会』

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
生徒会の一存 第1話 『駄弁る生徒会』
生徒会の一存 第2話 『勉強する生徒会』
生徒会の一存 第3話 『取材される生徒会』
生徒会の一存 第4話 『創作する生徒会』
生徒会の一存 第5話 『休憩する生徒会』
生徒会の一存 第6話 『差し伸べる生徒会』
生徒会の一存 第7話 『踏み出す生徒会』
生徒会の一存 第8話 『嫉妬する生徒会』

公式サイト→http://newtype.kadocomic.jp/seitokai/

『生徒会の一存』の関連商品はこちら
(Amazon.ne.jp)
スポンサーサイト



脱ぎ女いいわ~

_000168042.jpg_000165081.jpg
_000341257.jpg_000348097.jpg

熱いから脱ぐ。濡れたから脱ぐ。どこでも脱いじゃう脱ぎ女。
自分の身体が起伏に乏しいって言ってたけど、何という節穴!!
十分女性的な身体じゃありませんか!
それでなくても脱いじゃ駄目ですけど(^^;
最近では歪んだ情欲を抱く同姓もいることですし、注意しましょう。

もともと年上好きだし、特殊な性癖も良い。
目の下にクマのある女性キャラって珍しい事も相まって、自分の中ではかなりヒット。


あそこは逃げていい場面

_000710292.jpg_000723681.jpg
_001326575.jpg_000520770.jpg

不良に絡まれている男性を見かけて、どうするべきか逡巡する佐天。
女子中学生が助けに入っても返り討ちに遭うのは目に見えてるし、あそこは逃げていい場面だと思う。近くの大人に助けを求めましょう。
・・・というのは客観的な意見。それでも何とかしたい。見て見ぬ振りなんてできない。っていう佐天の気持ちも分かります。

助けたいけど自分には力が無い。
彼女が幻想御手(レベルアッパー)を求めるのは、そんな理想と現実の違いに悩むからなんでしょうね。多くの人が抱く悩み、いわばマジョリティな悩みです。特に思春期はこういう悩みを抱え始める時期ですよね。大人になってくるとだんだんそのギャップは埋まってくるのですが…。(それがいいことなのか悪いことなのか分かりませんけど。)

ともあれ、アニメとしては佐天の細かい感情の機微が丁寧に描かれていて、十分共感できる内容。
感情としては佐天にレベルアッパーを使って欲しくはないが、話としては面白い展開ですよね。
これまでの伏線から予想できる展開ですが、それは即ちうまく伏線が生きているということ。
次回以降、さらにおもしろくなりそう(^^

あと、今回印象深かったのは戦闘シーン。
特に黒子の被ダメージシーンの描写に拘ってるな~と感心。

_000842174.jpg_000863445.jpg
_000195820.jpg_000197322_20091128102327.jpg

黒子×美琴、佐天×初春には相変わらずニヤニヤ。
ポカポカやってる初春カワユイ(〃▽〃)


次回 第10話 『サイレント・マジョリティ』

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第1話 『電撃使い(エレクトロマスター)』
第2話 『炎天下の作業は水分補給が必須ですのよ』
第3話 『都市伝説』
第4話 『ねらわれた常盤台』
第5話 『とある二人の新人研修』
第6話 『こういうことにはみんな積極的なんですよ』
第7話 『能力とちから』
第8話 『幻想御手(レベルアッパー)』

公式HP→http://www.project-railgun.net/

『とある科学の超電磁砲』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

レンタルCGI ブログパーツ