リリカル☆スアラ 2009年12月11日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

良いワキ(*>ω<*)ノ

00447864.jpg

普段からワキ出してる娘は違うなw
最終回だというのにこんな所に注目してていいのだろうか(笑


アルカのふともも(*´∀`)

00313896.jpg00326034.jpg
00783616.jpg00881755.jpg

もう少しで直垂が破れそうです(ドキドキ
最終回だからなのか、今回作画に気合が入ってる。いつもと塗りが違うけど、それもまた良し。
NEEDLESSって全体的に作画はよかったと思う。(例の超作画は意見の別れる所だと思うが…。


大☆変☆身

_000380713.jpg_000331664.jpg

を遂げたアークライトに総力戦を挑む仲間達。
しかし神となったアークライトの力は強大。そこで出番なのが、名軍師クルス山田。なんだかんだで頼りになる存在です。

昨日の敵は今日の友――
アルカや美少女部隊も共闘してアークライトに立ち向かう。
しかし重くなりすぎず、いつもの軽いノリも健在。あとパンチラもw

最後はブレイドとイヴが二人で特攻!!

01189396.jpg01187603.jpg

ブレイドを守る羽は、以前研究所の爆発の際ブレイドを守ったものと同じ。
回想で数話費やした分が生きてるな~と思って関心。

しかしブレイドとアークライトの最終戦があまりにも短かったのは残念。
尺が足りないのか!?そうなのかΣ(゚Д゚;)

その後、クルス達はそれぞれの道を進むも、クルスは偶然ブレイドとイヴをの再会を果たす。
「クルス・シルト」ってやっと名前で呼んでくれたw
そして俺たちの戦いは終わらないぜ!的なノリで三人の旅は再び始まる…。

01426883.jpg

という所で本編終了なわけだが、どう考えても尺が足りてない。半分打ち切りみたいな終わり方です。(←少年誌によくある感じの…
ブレイドとアークライトの決着の話をあと1話じっくりやってたら、もっと良い終わり方になったと思う。
なぜ全26話にしなかったのか…。いろいろ事情はあるんだろうけど、最後の部分だけはリメイクしてほしいな~

と、まぁラストの不満。途中からほとんどシメオン本社での戦いで、世界観が思ったより広がらなかったことなどのマイナス要素はありつつも、全体を通して面白かった。

具体的に、どこがどう面白いのかと言われると困るのですが、とにかくノリとテンポが良いのは確か。それと、エロとギャグのバランス。局所的な感想は過去の記事を読んで頂けたら少しは分かるかと。

世間的には反応の薄いNEEDLESSだったけど、個人的にはかなり評価は高いです。
人気が出なかったのは、いわゆる中二病設定が受け入れられなかったことが大きいのかな。最初の段階で敬遠してた人が多かったのではなかろうか?

王道過ぎるアニメは今の時代に受けが悪いというのは、ティアーズ・トゥ・ティアラと同じか…。
今までの記事を読んで、少しでも興味持ってくれた人がいたらうれしいです。

これで2クールに渡って続いたNEEDLESSの感想は終了です。
今まで読んでくださった方、ありがとうございました!
アニメの感想、記事の感想など何でも良いので皆さんの意見を聞かせて頂けたらうれしいです。


↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第11話 「ブラック・アトラクション」
第12話 「胡桃」
第13話 「白毫」
第14話 「リリス・テンプテーション」
第15話 「第四波動」
第16話 「アルカ・シルト」
第17話 「レジスタンス」
第18話 「アグニッシュワッタス」
第19話 「ポジティブフィードバック・ゼロ」
第20回 「A-B」
第21回 「A-A」
第22回 「666人委員会(トリプルシックス)」
第23話 「左天」

『NEEDLESS』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

スポンサーサイト



とことん会長ルート

_000308641.jpg_000304721.jpg

やはり他のキャラと比べて優遇されている雫。
前回に続いてまた濡れ場とか、紅音全く出る幕無し(泣

しかしながら雫の体を張った説得も、楓の誘惑には抗えず
楓の見方になってしまうナツルさんであった。


お尻エロイwww(それと喘ぎ声・・・

000599599.jpg000589880.jpg

フルでの変身バンクはこれで見納め?
なんがかんだで久しぶりに見た気がする…。

中の人と名前がニアピンな白ケンプさん達登場。
テンプレセリフ乙です。
それにしても退場が早い。瞬殺でした(^^;


洗脳されたナツルに対して、一斉攻撃を試みる雫達。
楓も登場で楓と雫の対立が明確に…。
そして楓はけんぷファーではなくモデレーターだったらしい。
まぁ細かい設定はこの際どうでもいいがw


乳に食い込む鎖(〃▽〃)


_000844635.jpg_000931013.jpg

スパッツも破れて戦うヒロインの濡れ場突入!?
R指定じゃないことが惜しい…。

楓が欲しいのは女のナツルさんだけ。
ガチレズはこれだから困るw

ナツルを使って雫達を葬ろうとするも、あと一歩の所でナツルは正気を取り戻す。
そのキッカケになったのが、雫とデートした時の思い出のアイテムってのはちょっと良かった。

「沙倉さんは好きだ。

  でも沙倉さんを選んだら大切なモノが消えてしまう」


ナツルが目指すのはハーレムルートってことですね。分かりまs


そこで何故脱げるwww

_001062227.jpg_001064521.jpg
_001067775.jpg_001070402.jpg

これが定番の変身第二段階?
パワーアップする度に露出が増えるんでしょうか?(ドキドキ


臓物アニマルの大合唱!?(何コレww

_001117324.jpg_001107606.jpg

なんかよく分からないが盛り上がってる気がする。
追い詰められた楓は最後の手段、色仕掛け。
ぎりぎりの所で男に戻って難を逃れるも、男嫌いな楓に往復ビンタ。
どっちがよかったんだか(笑

お怒りの楓はそのまま退散。
最後はみんなのキスの嵐www
ジェラシーの悪循環。いやむしろ好循環。


NICEジト目( ≧▽≦)b

_001256838.jpg_001258382.jpg
_001265722.jpg_001263845.jpg
_001272813.jpg_001274606.jpg

全員のジト目が見られるなんて、ジト目好きとしてうれしいことこの上ない。
水琴はお尻、雫はお胸、紅音はとうとう大事な所まで・・・
逆セクハラを受けるナツルさん。
すべてはナツルの思惑通りですね(苦笑


いろんなことを放り投げての事実上の最終回という、何ともけんぷファーらしい終わり方。
このアニメに関しては批判的な意見が多いと思うが、私は結構好き。
ノリ重視、Hで馬鹿なラブコメとして割りきって視聴していたことが功を奏した。



▼アイキャッチ

000721095.jpg
000725516.jpg

次回は番外編で臓物アニマルが主役!?
楽しみで仕方ないw

次回 第12話(最終回)「Weihnachten ~臓物たちの奇跡~」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第1話 『Schicksal~選ばれし者~』
第2話 『Gluhen~死闘の開幕~』
第3話 『Lilie~秘密の花園~』
第4話 『Kriegserklarung~戦う乙女たち~』
第5話 『Komodie~ファーストキス~』
第6話 『Heimkehr~敵か味方か~』
第7話 『Einladen ~招かれざる客たち~』
第8話 『Liebste~初めてのデート~』
第9話 『Hochsommer~恋の熱帯低気圧~』
第10話 『Falle ~ ひと夏の経験~』

公式HP→http://www.tbs.co.jp/anime/kenpu/

『けんぷファー』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

――呪いと、と、友達

_000192150.jpg_000193610.jpg

猫地蔵を壊してしまった事が発覚。
とばっちりを受けた住職(´・ω・)カワイソス
潤平は呪いのせいで猫舌に・・・
妹(鈴)の「フーフーしてあげようか?」がかなりツボったww
是非フーフーしてください!

潤平は猫地蔵の修理代を稼ぐため、千鶴と同じく郵便配達のバイト。
加奈子もサンタコスでバイト中。

_000491073.jpg_000602727.jpg

潤平が急にバイトを始めたのはを楓へのプレゼント第を稼ぐためでは!?と勘違いする加奈子さん。
画面におしるこが飛び散ってるΣ(゚Д゚;)

▼アイキャッチ
_000698614.jpg_000706455.jpg

アイキャッチくそワロタwww
その幻想をブチ破っちゃらめぇぇぇ


たまたま当たった映画チケットで、加奈子は潤平を映画デートに誘うことに成功!(半分脅迫だけどなw

_000827868.jpg_000839463.jpg

鈴は真面目に勉強してると思ったらパラパラ漫画かよ(笑
「Hな本ですか?(ニヤ」とか、鈴のからかい方は全妹の鏡(`・д・´)9m ビシッ!!


加奈子さんと映画デート♪

_001111777.jpg_001099932.jpg
_001002334.jpg_001021687.jpg

映画観て号泣な潤平可愛いな(〃▽〃)
加奈子が子供の頃潤平の為に作ってあげたニャムの人形。それを潤平は今まで大事にしてました。
こういう思い出があるのが、幼なじみの強みだなー
しかしそれでもあと一歩が踏み出せないのは、楓に対する後ろめたい気持ちがあるから。
潤平が本命をはっきりさせたらそこまで悩まなくても済みそうだけど…。結局あやふやなままな気がする。

翌日、潤平が猫を助けているところを楓に目撃され、「呪い」という単語を聞かれてしまう・・・
そして潤平は猫耳!?(萌えるじゃねーかww

001294042.jpg_001290580.jpg

次回はとうとう最終回。
潤平が最後に行き着く先は天国(ハーレム)なのか?


次回 第12話(最終回)「天国は待ってくれる?」


▼提供イラスト

_000154112.jpg
_001461918.jpg

前提供イラスト「★Yuuki」さん 後提供イラスト「西川あり」さん

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第1話 『ブサイクな猫と呪われし高校生』
第2話 『その男 下僕?』
第3話 『キミの名は』
第4話 『美しい人』
第5話 『四角関係の刻(タイムズ・スクエア)』
第6話 『ミルク&ビター&シュガー&スパイス』
第7話 『暗くなるまで待って』
第8話 『炎の個人教授ランナー』
第9話 『ガールズ・イン・ザ・ウォーター』
第10話 『ある夜の出来事』

公式HP→http://www.tbs.co.jp/anime/nyankoi/

『にゃんこい!』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

レンタルCGI ブログパーツ