リリカル☆スアラ 2009年12月16日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

もう何が何だか・・・

_000543584.jpg_000559475.jpg
_000666707.jpg_000798047.jpg

まず前回菊里が消えたはずなのに、普通に菊里が復活してたことに驚いたw
しかもアブラクサスに変身!?
ここで現れた菊里はそもそも幻影の菊里ではなく、菊里の守護天使アブラクサスであって菊里ではないということか?だとしてもこのタイミングで出る意味が分からない…。この後すぐ退場だし。

アワリティア様が真の姿を現し、スペルビアと栞と協力して、水銀燈リーザロッテ=ヴェルクマイスターを足止め。
一方その頃、アワリティアによって赤い夜からはじき出された駆と美鈴は・・・


めでたく結ばれました(笑

_000950658.jpg_000988779.jpg
_000997538.jpg_000975557.jpg

すごく…エロゲっぽいです……。
うがった見方かもしれないけど、エロゲ原作なんだからエロイシーン入れとけっていう制作側の意図が見え隠れしてる気がしてならない。(パンチラに関しても同じことが言える。
プリンセスラバーとか元々ガチエロ作品だったら全然おk。むしろどんどんやれって感じなんだけどね。
あと、原作でこのHシーンは無いのであしからず。

さて、少々話が脱線したが、本編の方はというと・・・
アワリティアと菊里は死亡。スペルビアは二人の目の前で消滅。
菊里の唐突な再登場、そして退場。何のために復活したんだか…。
そして何よりしおりんは自殺だと!?何で?
アブラクサスの戦闘シーン。しおりん覚醒モード。どちらも見られず終いか…。


言葉様の再来((((;゚Д゚))))ガクガク

_001220510.jpg_001228185.jpg

魔女に操られたゆかは駆を刺殺。傷口がグロい…否、黒いZE
絶対Nice boat.って言われるんだろうな~と思いつつ、ゆかがヤンデレの極地に至ったことに満足。
でも、魔女に操られなくてもよかったのでは?駆と美鈴がヤってるシーンを目撃したゆかが嫉妬に狂って…って展開であっても、不自然ではない。むしろそっちの方が自然かも。駆を刺殺したのはゆか自身の意思にしなかったのはスタッフのわずかに残った良心の結果?えぇい!そんな良心この際捨ててしまえ!!

駆は消滅、アイオンの瞳は魔女に奪われ、そして美鈴も闇に飲まれる・・・というところで次回に続く。
とりあえず、アイオンの眼の能力はどうなった?と突っ込んでおく。
たとえ遠い未来を見通せなくても、ゆかが登場した際その後のゆかの行動くらいは分かったんじゃないのか?ゆかが攻撃される時は発動したのに、今回は不発。発動条件がイマイチ分からないな~。

BADエンドまっしぐら。ここからの挽回は可能なのか…。
というか、誰もいなくなったんですけど・・・。

結局超展開で魔女に打ち勝つ?それとも本当に全滅END?
いずれにせよ、満足の行く最終回は迎えられそうにないよー(泣


次回 第12話「闇夜の暁」

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
第1話 『赤い夜~pirose'jszaka』 
第2話 『水晶の少女~egy la'ny -ban krista'ly』
第3話 『孤独な誇り~egyedülálló büszkeség』
第4話 『仮面の微笑~adobozmögöttmaszk~』
第5話 『友と明日のために~barátoknak,holnapra~』
第6話 『心乱れて~szíbtép fájdalom』
第7話 『歪んだ覚醒 ~kanyargos ebredes~』
第8話 『逢魔が時~felhomaly ov』
第9話 『壊れた絆~torott kotes 』
第10話 『魔女覚醒~bukott angyal』

公式HP→http://www.mmv.co.jp/special/11eyes/

『11eyes -イレブンアイズ-』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

スポンサーサイト



レンタルCGI ブログパーツ