リリカル☆スアラ 2010年06月
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

すべての不義に鉄槌を――

BL_OVA_1_000468593.jpg
BL_OVA_1_000269853.jpgBL_OVA_1_000476935.jpg

ここまでクレイジーなメイドは、彼女を置いて他に知らない(笑)

OVAでは復讐心に燃えるロベルタが大暴れしてくれるので、これが映像化されるとどうなるのか非常に楽しみでした。すでに十分な存在感を放っているロベルタですが、本格可動はこれからのようですね。ワクワク(*´∀`)

ロベルタ(CV:富沢 美智恵)というキャスティングはドンピシャリ。
原作読と比較しても全く違和感が無かった。富沢さんといえばセラムンの火野レイとして有名な方ですが、最近は目立った役がなかったよね、たぶん。あ、クレしんのまつざか先生もそうか(←wikiにて確認w)

BL_OVA_1_000297880.jpgBL_OVA_1_000411952.jpg

シャワーシーンでは、見事なお尻とおっぱいを披露したロベルタさん。
体の傷がまたセクシーですこと(ノ´∀`*)
胸のポッチも確認できましたが、如何せんカメラ位置が悪いな。もうちょっと近寄って正面から(ry

ロベルタの特徴である三つ編みとメガネ。
これを取るとホントに別人だよなぁ。戦闘スタイルになったロベルタの美貌とカッコ良さと言ったらない!


NICEスパッツ( ≧▽≦)b

BL_OVA_1_001130587.jpgBL_OVA_1_001239655.jpg
BL_OVA_1_001125875.jpgBL_OVA_1_001123664.jpg

スパッツ履いてたら、動きまわっても心配ないね♪ うむ、いい開脚だ。
メイド服にスパッツって「迷い猫」を思い出す。
あっちではメイド服にブルマだったけど、スパッツというのも良き哉。

ちっこいメイドが縦横無尽に暴れまわる様は爽快だなぁ。
ファビオラの銃乱射に喜ぶレビィw こいつら、どーかしてるぜYeehaaw!

ファビオラ役に雪野五月さんというのは意外だった。もっとロリい声を予想していたので。・・・でも雪野さんで正解かも。ドスの効いた声や叫び声も、雪野さんならお手の物だろうし。

レヴィが車内でファビオラにちょっかい出すシーン好きだなぁ。
真面目なチビメイドをうりうり弄りたくなる気持ち、分かるよw

BL_OVA_1_001558557.jpgBL_OVA_1_001576658.jpg

拷問に関して全く容赦がないロベルタ。
焼き石鍋を抱かせて、一個ずつ石を追加とか…極悪過ぎる。
私なら速攻でゲロっちまいますね、絶対。


広江礼威氏が描くハードボイルドな世界観。
それを再びアニメで見られるとは嬉しい限り。
しかも今回はOVAだから、多少過激な表現であっても許容されるはず。
過激といっても描写というよりは、むしろセリフ回しの方ね。

OVAは全部で全5巻構成で、発売スパンは3ヶ月毎になる模様。
長い付き合いになりそうですね(^^;

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

『BLACK LAGOON 』の関連商品(Amazon.ne.jp)
使用前 ⇔ 使用後

maidsama_13_000205538.jpgmaidsama_13_000149349.jpg
maidsama_13_000217651.jpgmaidsama_13_000720320.jpg

中学時代は「竜巻の白鬼」と恐れられた白川直也。
・・・それが今ではこの様だよ(笑)美咲のメイドパワー恐るべし。

私としては3バカには三頭身キャラとしてのイメージしかないので、ガッツリ不良なこいつらに違和感ありあり。
不良以前に原寸頭身であることが不自然。というかこいつら誰だw

脱不良。三頭身の3バカキャラとして見事に転生を果たした彼らではあるが、今後の人生を考えると不良とは別の意味で不安(^^;


さて、今回はの話は、青泉中のリーダー・荒獄剛毅がかつて憧れていた3人の不抜けてしまった姿を見て苛立ち・・・(ryというもの。
取り敢えず、荒獄剛毅ってすごく強そうな名前ですね。(完全に名前負けww
CVは柿原徹也か~。熱血空回りキャラは変態王子の十八番!
これにヘタレ属性が加わったらベスト。


僕の体で確かめて!!

maidsama_13_000581748.jpgmaidsama_13_000599866.jpg

女と勘違いされて拉致られた幸村ちゃん。
服を脱いで男だと証明しようとしたら、剛毅は変な所で硬派さを発揮。
「バ、バカっ!」ってのにはちょっと萌えた(*´∀`)

あれ?ボクっ娘だと思われてるwww
なるほど。一人称からして幸村は男の娘になる素質があったのですね。

先週の体育祭に続いて、再び女装。
これはもうずっとこの路線で行くしかない!

「あ~ミサちゃん人形だ♪」「うるちゃい」
アイキャッチが3バカ仕様だったのワロタw
こういう細かい所まで気が利く演出はさすが。


噛んでもキュートなミサ吉。

maidsama_13_000701534.jpgmaidsama_13_000702835.jpg
maidsama_13_000767166.jpgmaidsama_13_000779846.jpg

ヤンキー言葉を噛む美咲(ノ´∀`*)
これは良い噛様w 相変わらずのへぼ演技も大変可愛らしく♪
「うちのもんだよ」のあたり、エセ中国人っぽかったな。
具体的には銀魂の神楽が浮かんだw 


「私もラスボス役とかで出てみたーい」
とジト目でマイペースな発言をする紗奈。
このシーンの可愛さは勿論のこと、美咲を見つけて「お姉ちゃーん」というのがまず萌えるな。
「もしや」「いけませぬ」と古めかしい言葉遣いもグッ( ^^b
ネギが飛び出たレジ袋をぶら下げてる家庭的な所も(ry

イッくんが紗奈の事を「美少女だしー」と言ってましたが、アニメの中でも美少女として認知されてるのね。
まぁ美咲と姉妹だから当然といえば当然か。メイド様に出てくる女子って基本美少女だから、その差が分かりづらいのよね。紗奈の場合、外見的には決して目立つタイプじゃないと思うし。

maidsama_13_001126425.jpgmaidsama_13_001324056.jpg

肉体言語でコミュニケーションを取る不良達。
・・・自分ら、不器用ですから。

メイド会長を崇め奉れ~~と3バカは美咲の秘密をあっさり暴露。
星華高校では絶対禁句。口チャックだぞ(><)
これを発端として美咲の秘密がバレるって事はないよな…。

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

次回 第14話 『1年7組 叶爽太郎』


maidsama_13_001458990.jpg

自力で帰ってきたって、幸村・・・可哀想な子(TдT)

次回は新キャラ登場か~。上の画像見るとBLな雰囲気が・・・

公式HP  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
会長はメイド様! 第01話 『美咲ちゃんはメイド様!』
会長はメイド様! 第03話 『美咲は何色?天然色?』
会長はメイド様! 第04話 『ネットアイドルAOIちゃん』
会長はメイド様! 第05話 『初めてのお留守番』
会長はメイド様! 第06話 『男・鮎沢塾!』
会長はメイド様! 第07話 『雅ヶ丘学園生徒会長登場』
会長はメイド様! 第08話 『美咲、雅ヶ丘学園へ』
会長はメイド様! 第09話 『桃太郎までもメイド様』
会長はメイド様! 第10話 『さくらの恋はインディーズ』
会長はメイド様! 第11話 『碓氷拓海の秘密に迫る!』
会長はメイド様! 第12話 『体育祭でもメイド様』

『会長はメイド様!』の関連商品
(Amazon.ne.jp)
例ヘバ、僕ガ死ンダラ・・・

bakemono_15END_001028566.jpgbakemono_15END_001022466.jpg
bakemono_15END_001022766.jpgbakemono_15END_001014300.jpg

「自分が死ねば皆が悲しむ」
これまでいろんな人を助けて来たけど、自分の事には無頓着だった暦。
それが今回、素直に自分の救済を望めた事は暦の成長が感じられてよかった。

戦場ヶ原、神原、羽川、真宵、撫子。大事な人の為にも自分は死ねない…。
「他人にとって自分がどういう存在なのか。」
それは、これまで暦が他人の救済をしてきた事で初めて分かった事ですよね。
助ける側の心理を嫌というほど経験してきたからこそ、死にたくないと思えた。
これまでの内容を総括するという意味も含めて、最終回に相応しいテーマだったと思う。

bakemono_15END_001097166.jpgbakemono_15END_001043733.jpg

「助けて…忍。」というSOSを受けて参上した、吸血鬼・忍野忍。

現れて速攻グリグリ動いてました(笑)
ほんの一瞬のカットにも関わらず、股間の絆創膏(ノ´∀`*)
これにはスタッフのこだわりを感じたv
(ちゃっかりチェックしてる自分もどうかと思うがw

原作にはこの絆創膏についての描写は無いらしいのですが、この件ですっかり「忍=絆創膏」というイメージが定着してしまった。果たして乳首にも絆創膏を装着しているのか…それが問題だ。(え、違う?

bakemono_15END_001170500.jpgbakemono_15END_001171366.jpg

火憐と月火も最後ということで登場。予告ではお馴染みだったけどね。
朝、妹に起こされるって理想のエロゲ設定。
起こし方が多少強引だろうが何だろうが、羨ましい事にはちげーねぇです。

bakemono_15END_001423133.jpgbakemono_15END_001432033.jpg

最後はガハラさんを自転車の後ろに乗せて、明日の文化祭に想いを馳せる暦。
暦のクラスはお化け屋敷をするらしい。
「怪異」というリアルお化けに関わってきた暦達なら、さぞ現実味のあるお化け屋敷になることでしょう(笑)

いやぁ青春してんなぁ~~♪
羽川の魅惑のボディーを使った猫の誘惑にも耐えて、ひたぎ一筋。男気を見せてもらいました。暦の爪の垢をどこぞのエロゲ主人公に飲ませてやりたいw

羽川はブラック化してた時の記憶がどこまであるのかは分からないけど、多分いつか自分で暦に告白するんじゃないかな。猫を使わずに、自分で。

しかしこうしてみると、改めて暦の環境って恵まれてる。
妹、巨乳、ツンデレ、後輩と、そりゃもう選り取りみどりですよ。
化物語の成功は、シナリオの面白さや演出に加えて、女性陣が充実してた事も大いに関係あったと思う。それらが相克することなく上手いこと噛み合ったから、こういう素晴らしい作品が出来たんでしょうね。

最終話の放送までかなりのスパンがあって、一年がかりの化物語となりましたが、今回を以てひとまず完結。しかしながら、この絶大な人気と原作の未消化シナリオ・・・続編はきっとあるはず!!

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼エンドカード
bakemono_15END_001526866.jpg

公式サイト  ■ブログ村  ■Wikipedia

『化物語』の関連商品はこちら(Amazon.ne.jp)
ありがとうございました!

AB_13END000816816.jpg

SSS最後の戦いから3日後。ゆりを含めての最後の卒業式。

一番泣いてたのは、直江でした。
「これだから女は・・・」と、自分は泣く訳ないみたいな事言ってたキャラが、一番涙もろかった。こういう人って実際いるよなぁ(*´∀`)ニヤニヤ
直江のこういう素直な所、好きです。

AB_13END000230396.jpgAB_13END000376876.jpg
AB_13END000292083.jpgAB_13END000413454.jpg

鼻歌交じりな奏可愛い(ノ´∀`*)
初めての卒業式にテンション上がってるw
奏の作った歌は、線歌というよりマーボー豆腐の歌でした。
本当に麻婆豆腐好きなんだね(笑)
「校歌なんてどれも同じ」とか言って即興で歌えるって…スゴイな。
「(`・∀・´)エッヘン!!」←花澤キャラといえばコレw

可愛いと言われて「あばばばば」と照れまくるゆりっぺ可愛えぇ。
ツンな彼女がデレた時の破壊力。リーダーとして突っ張ってた緊張感から開放されて、本来の彼女の姿が見えました。


最終回が卒業式というのは分かりやすくていいね。
でも、こうして見ると5人というのは寂しいなぁ。

ガルデモの卒業ライブの方よかった気がするのは私だけ?
そう考えると、やっぱりユイは消えるべきではなかったかも。他の戦線メンバーも含めて大騒ぎして…っていう方が盛り上がったかもしれん。ユイがラストライブする事で、「岩沢から受け取ったモノ」というのも表現できると思うし。それに、本編では物分りよく消えてしまったガルデモメンバーの見せ場にも繋がる。

あ、そういえばNPC化した高松は元に戻ったみたいですね。
本編での登場が無いので、いずれにせよ活躍の場は無かったですが。
唯一影の犠牲となった高松のフォローがちゃんとあったのは評価できる。


一緒に残らないか?


AB_13END001300132.jpg
AB_13END001171044.jpgAB_13END001134424.jpg

告白キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これまで天使フラグがビンビンだったもんね。でも、「好きだ」「愛してる」と、こんなにも熱烈に想いをぶつけるとは思わなかった。音無号泣。卒業式でも泣かなかったのにw

音無の心臓移植を受けた人物が奏だった。
これは予想していた展開(9話の感想を参照)のひとつだったけど、当たってましたね。
いい意味で期待を裏切って欲しかった気もするが、これが一番順当なオチではあるのかなぁ。

奏は音無の心臓のおかげで青春を貰ったというが、その後天寿を全うしたんだろうか?
だとしたらもうお婆ちゃ・・・いや、死んだ世界に時間の概念なんて無いよね!
彼女だけが天使スキルを有していたのは、他のキャラと違って不幸な死では無かったからか。
たしか12話で「石田が報われた人生を送った者が記憶を無くして…云々」と言っていたけど、それと関係あるんだろうか…。考察の仕方次第ではいろんな解釈ができそう。


奏の告白よりも私が気になったのは、この世界に残ろうという音無のセリフ。
あれだけ仲間を送り出しておいて(←ある意味で自分勝手に)、自分だけは奏とずっと一緒に居たいって、ちょっと虫が良すぎるんじゃないの?
そう思ってしまったせいで、クライマックスで盛り上がれなかったのは残念。
挿入歌のおかげでそれなりにジーンとはくるんだけどね。


そして、また二人は・・・

AB_13END001430762.jpgAB_13END001448155.jpg

ED終了後。
あのメロディーを口ずさむ奏に似た少女。そして音無。
新たな世界で二人は再び・・・
↑いや、詳しい説明は無いんだけど、多分そういう事だよね。

最後は麻枝さんらしい終わり方でした。
「生まれ変わり」で締め括って欲しくないというのは、これまでの感想で再三言ってきた事ではありますが、やはり来たか…と。
これがハッピーエンドかどうかは評価が分かれる所でしょうが、私はゆりの「自分として生きたい」という言葉を推したい立場なので、手放しで喜べる良い結末だとは思えない。
でも、希望は感じられる最後ではある。
音無と奏が果たせなかった事を、彼らが…という点において。
二人にはあの場でたまたま出会った普通の男女として、幸せになって欲しい。と切に思う。

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第01話 『Departure』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第02話 『Guild』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第03話 『My Song』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第04話 『Day Game』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第05話 『Favorite Flavor』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第06話 『Family Affair』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第07話 『Alive』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第08話 『Dancer in the Dark』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第09話 『In Your Memory』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第10話 『Goodbye Days』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第11話 『Change the World』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話 『Knockin' on heaven's door』

『Angel Beats!』の関連商品(Amazon.ne.jp)
レンタルCGI ブログパーツ