リリカル☆スアラ 2010年06月06日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

七花、初体験をするの巻。

katanagatari_06_001240379.jpgkatanagatari_06_001306278.jpg

初体験といっても、性的な意味では(ry
そうなってもおかしくはない状況ではありましたが(^^;
七花のピロートークにとがめはドキドキ。
寝たフリして話をはぐらかすとは、こいつデキるw

しかし、このとがめの髪マフラーって温かそうだよなぁ。
凍らせて武器にも出来るしね( ≧▽≦)b
でも毎日のケアは大変そう。いや、それすらも七花の楽しみの一つか(笑)

katanagatari_06_001601281.jpgkatanagatari_06_001603659.jpg

――七花、初黒星。
まさかまさか、こんなロリっ子に負けちゃうなんて…。
「あはははは♪」って巨刀を振り回す幼女、怖ぇ((;゚Д゚))ガクブル
これで凍空一族の最弱クラスだというのだから、何とも末恐ろしい。
力は然ることながら、七花の敗因はこなゆきが戦闘に関して全くのド素人だった事。素人ゆえに動きが読めない、と。
この素人だからこそ強かったというのは、後の狂犬戦で七花の勝因にも繋がっていて、上手い構成でした。



尻アップ、いや・・・ギブアップ


katanagatari_06_001990127.jpgkatanagatari_06_001966311.jpg

お尻のアップが印象的な真庭忍軍の狂犬。
なんと体を乗り換える忍法が使えるらしい。
「チェ---------ンジ!!」って事ですね(笑)

狂犬という名前から、てっきり男だと思っていたので意外だった。
一族全滅や七花の敗北など、今回は予想外な事態が多かったなぁ。


現れて早々、重症な狂犬。
まさに噛ませ犬。まにわにってこういうパターン多いw

katanagatari_06_002078131.jpgkatanagatari_06_002109246.jpg

真庭忍法・狂犬を使って、こなゆきの体を手に入れるも、怪我を負っている七花を相手にあっさり敗北。
これまで乗り移ってきた女武芸者の経験値が仇となったらしい。

経験を積めば積むほど、より効率化した動きをしようとして、結果としてそれが読まれやすい動きになってしまったう事か。
相手が雑魚ならば、それで問題無いんだろうけど…。
これまで強い人と戦ってこなかったのかな?
案外「戦う→敗北→狂犬発動」の繰り返しかもしれんw

katanagatari_06_002404048.jpg

こなゆきちゃんが生きててマジ良かった。
二人とも殺す気満々だったから、心配だったよ。
最初の頃と比べて、七花も成長してるよね。人間的に。

同盟規約の代価はカワウソの首。
鳳凰は自分の体以外の犠牲も厭わないのか。
それを受け入れているカワウソも何とも…。
七花に「思いやり」の気持ちが芽生えた事で、鳳凰のドライさが際立つ。



いっぱい遊んでくれてありがとう☆

katanagatari_06_002706058.jpgkatanagatari_06_002718070.jpg

尾張まで刀運びの任を託されたこなゆき。二人ともこれでお別れ。

あれだけの重量を、あんな小舟で大丈夫なのか?という疑問は取り敢えず置いておいて、最後までこなゆきちゃんは可愛かった(ノ´∀`*)
前歯が欠けてるのがチャームポイントだよねぇ。「お兄ちゃん、お姉ちゃん」という呼称もGJ。「うちっち」という一人称も嫌味なく可愛い。日高里菜ちゃんというキャスティングも秀逸でした。

最初登場した時は一族全滅したのに、あれ…何でそんなに明るいの?
って疑問に思ってたんだけど、実は寂しさを隠して明るく振舞っていた。
それについては、話の途中で分かるわけですが、何とも読み取りにくい。とがめ良く分かったな…。

こなゆきに乗り移った狂犬が、その記憶を垣間見た事から、どうやら全滅の原因が雪崩ではない事は分かったけど・・・一体何があったんだ。こなゆきが不自然に明るいのも、もしかしてこの事件が関係しているのか?


EDはアリプロで「雪ノ女」
入りが「粉雪~」と、まさに今回の為に書き落とされた曲。
1話が妖精帝國だったし、3話の畑亜貴さんもアリっぽかった。ここのスタッフはこういう系統が好きなのかな。
個人的には、こなゆきちゃんのキャラソンでもよかったと思うんだけどw

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

次回 第07話 『悪刀・鐚(びた)』

katanagatari_06_002979205.jpg

次回は姉殺し・・・・だと?
どうかブラフであってほしい。(錆白兵の先例があるからなぁ。

「鐚」って鐚一文のビタか。こういう漢字だったのね。

7月9日(金)25:35~放送予定!

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
刀語 -カタナガタリ- 第1話 『絶刀・鉋』
刀語 -カタナガタリ- 第2話 『斬刀・鈍』
刀語 -カタナガタリ- 第3話 『千刀・鎩(ツルギ)』
刀語 -カタナガタリ- 第4話 『薄刀・針』
刀語 -カタナガタリ- 第5話 『賊刀・鎧』

『刀語』の関連商品(Amazon.ne.jp)
スポンサーサイト



もってけ!ユイにゃんギター

AB_10_000198990.jpgAB_10_000201367.jpg
AB_10_000211419.jpgAB_10_000227060.jpg

音無&奏の成仏大作戦☆
最初に標的にされたのはユイでした。

ギター奪取作戦。
宣戦布告し、ギターを奪うまでは良かったけど、肝心のユイが追ってきてない。ギターだけあってもなぁ(^^;
さすが不器用で有名な奏ちゃんだ。
さもやりきった感が、たまんなく可愛いです。

その後、「やっぱりギター取り返してくる!」
と、廊下に出て奏を発見するユイ。
あれから結構時間経ったはずなのに、あの場に奏がいるのは不自然な気がするけど、さすがアホの子だけあって、気にしてないなw

AB_10_000367742.jpgAB_10_000378252.jpg

ギターボーカル以外にもユイの望みは多い。
それは生前、ずっと寝たきり生活だったからでした。
それがあって、この世界でのユイは元気いっぱいなのね。
あ、背中エロい・・・(オイ


ブリッジ☆ハラスメント

AB_10_000479353.jpgAB_10_000568734.jpg
AB_10_000617074.jpgAB_10_000575324.jpg

音無を抱えてのジャーマンスープレックス!!
ユイが割と怪力なのが驚き。(その力をなぜ野球でも(ry
腕力に問題が無いとしても、問題はブリッジ。
音無はユイにブリッジの練習をさせるわけだが・・・

これって、結構セクハラww
ブリッジハラスメント、略して「ブリハラ」ですね。
私も音無みたく、ユイのお腹ツンツンしたい…。
スカートの中も見えそうで(#゚ロ゚#)ドキドキ


続いて5人抜き!!

AB_10_000843800.jpgAB_10_000835084.jpg

果たしてユイは、5人連続で抜けるのか!抜けるのか!
(←大事な事なので二回(ry

果たし状がフリガナ付きだったのは、野田くんのようなおバカキャラでも読めるようにとの配慮ですね(笑)

体操服のユイにゃん'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
女の子走り可愛すぎんぞ!!

パチンコに使われるハンドソニックver.5
せっかくの極悪フォルムも用途がこれじゃなぁw



俺が結婚してやんよ

AB_10_001301050.jpgAB_10_001321528.jpg
AB_10_001323489.jpgAB_10_001297295.jpg

「ある日、お前ん家の窓パリーンって打った珠で割っちまうんだ。それを取りに行くとさ…お前が居るんだ。それが出会い。」

あり得たかもしれない幸せな未来。
これはズルイ。涙がぶわぁぁぁぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

「お母さんを楽にしてあげて」
「結婚」が愛する二人だけの話じゃなくて、「家族」という広い枠組みの中で描かれているのはいいね。
>迷惑を掛けた母親に幸せになって欲しい。
私には、結婚それ自体よりもそっちの側面が強いように思えた。
母親にしてみれば、迷惑だなんて微塵も思ってないだろうけどね。親思いの優しい娘を持って幸せだったと思う。逝くのは余りにも早すぎたが…。

AB_10_001400773.jpg

音無のやってる事って、ある意味独善的ではあるんだけど、その努力が無ければ日向からあの言葉は出なかったはず。

音無の行為の善悪についてはすごく難しい問題であって、それだけで哲学的なテーマになりうると思うんだけど、これは話の流れ上、不可避的に附随する問題であって、本質は別の所にあると私は思う。

つまり、今回はラストシーンに感動できればそれで作品としては成功なんじゃないかという事。自分…号泣でした。

いずれにせよ、「萌え」を念頭に置きながらも、私たちに重大なテーマを投げ掛ける「Angel Beat!」というアニメは、価値あるものだと思う。私がエロゲを止められないのも、こういう作品を求めているからなのであった(^^;

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村


次回 第11話 『Change the World』

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第01話 『Departure』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第02話 『Guild』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第03話 『My Song』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第04話 『Day Game』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第05話 『Favorite Flavor』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第06話 『Family Affair』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第07話 『Alive』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第08話 『Dancer in the Dark』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第09話 『In Your Memory』

『Angel Beats!』の関連商品(Amazon.ne.jp)
レンタルCGI ブログパーツ