リリカル☆スアラ 2010年06月12日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

何かが、僕のナカに!!!

AB_11_000221637.jpg

使徒による精神汚染・・・ではなく、謎の影に侵食される直井。
今回は、影の登場によって物語に新たな動きが…。
クライマックスに向けてこれが最後の山場か。

直井きゅん。ナカにだなんて・・・いやらしっ!



不器用な天使のアポロジア

AB_11_000395979.jpgAB_11_000478185.jpg
AB_11_000487486.jpgAB_11_000544502.jpg

「羽・・・飾り。その方が天使らしいからだって」
天使ちゃんの不器用スキル発動!!そこは内緒にしとかなきゃ(^^;

直井の機転(アホ)によって、ピンチ回避。
逐一親指立ててアピールする直井。
>残念ながら音無の高感度は上がってないようだ。


影襲来に飛び立つ奏。その姿はまさに天使!!
しかし戦い方は冷酷無比(((;゚Д゚)))gkbr
敵殲滅に際しては、一遍の慈悲などもありはしない(笑)
次々とWハンドソニックver.5の毒牙に掛かる影の皆さん哀れ。
SSSをあればけ苦しめてきた天使が見方になると、こうも心強いものかw


影に喰われた高松。
メガネを失ってイケメンNPCになりました。
こ、この退場の仕方は悲しすぎる( ;∀;)
せめて最後にもう一度あの筋肉が見たかったぜ…。



別にその子、天使じゃないわよ

AB_11_001011510.jpgAB_11_001037244.jpg
AB_11_001039747.jpgAB_11_001042666.jpg

ゆりっぺの言葉であっさり「奏=天使」説を否定。
以前からゆりは奏が人間だって言ってたしね。ゆりにしてみれば何を今更って感じでしょうね。

9話で奏の目的が明らかになった際、音無が奏を天使と見なした事に疑問を感じて、【単純に「天使ちゃんはマジ天使だった。」と片付けていいのか?】と書きましたが、それは取りも直さず、以前奏自身が「私は天使じゃない」と言っていたから。

音無って思い込みが激しい所があるよなぁ。
Aであるなら、必ずBでなければならない…みたいな。
その思考パターンが、彼の正義感を支えているわけでもあり、独善的な行為に走らせる原因にもなっている。

しかし、それにしても視聴者は(少なくとも私は)、音無の思考について行けない。
彼の行為自体は取り敢えず置いておくとして、「天使じゃない」という発言をすっかり失念してるのは、おかしいでしょ…。
もっといろいろなイベントが起きて、その中で忘れてしまった。…というのならまだ分かるが、この短い話数で(ry
これも、1クールという制限による弊害なのかなぁ。



なでなで撫子キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

AB_11_001068233.jpg

そうか、すべてはこうする為の布石だったのか。
そしてこういう時にさり気なくなでなでできるのは、お兄ちゃんスキルw
・・・音無、出来るヤツ。

「ちょっと気持いいかも」「子供扱いしないで!」…etc
なでなでされてる天使ちゃんは、一体何を思ってるんしょうか。
その表情からは読み取ることはできないが、そこは想像力で補完。
これが無口キャラの最大の武器であり、萌えポイントなのです。



First Good-Bye

AB_11_001149398.jpgAB_11_001115405.jpg
AB_11_001174465.jpgAB_11_001361944.jpg

死亡フラグを立てて、ゆりは去っていきました。

「ゆりっぺ!」ゆりの名を叫ぶ日向。
普通だったら、主人公的立ち位置の音無が呼び止めそうなシチュだけど、音無は奏にベッタリだもんなぁ…。
報われないヒロイン、それがゆりw

日向とゆりの関係については、これまであまり描かれていないので今一ピンとこない。それに、前回ユイに熱烈告白したばかリの人間が、ゆりとフラグを立てるというのも…。

ここはゆりに心酔してるらしい野田の方が適役だったのでは?
(野田は慎ましやかに、ゆりの写真を眺めてましたw

「ひどいあだ名・・・」と自嘲気味に言うゆりだけど、彼女自身そんなあだ名が気に入っているはず。
Aパート、遊佐ちゃんとインカムで会話してる時、自分の事を「ゆりっぺさんは…」と冗談めかして言ってた事に、何となく後半部との繋がりを感じる。


Cパート。ゆりがPCルームで出会った初老の男性は一体?
アナログゲーム、足りなくなったら補充、等セリフが意味深だ…。
めちゃ怪しいけど、ゆりが気になるのはPCを盗んでいる犯人の方みたい。

さて次回は・・・また地下ギルドかよΣ(゚Д゚;)


次回 第12話 『Knockin’on herven's door』

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第01話 『Departure』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第02話 『Guild』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第03話 『My Song』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第04話 『Day Game』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第05話 『Favorite Flavor』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第06話 『Family Affair』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第07話 『Alive』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第08話 『Dancer in the Dark』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第09話 『In Your Memory』
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第10話 『Goodbye Days』

『Angel Beats!』の関連商品(Amazon.ne.jp)
スポンサーサイト



レンタルCGI ブログパーツ