リリカル☆スアラ 2010年06月25日
fc2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

窮地になったら出てくる男。

durarara_24END_000182390.jpgdurarara_24END_000125792.jpg
durarara_24END_000224808.jpgdurarara_24END_000330038.jpg

良い所を持っていくのは、またドタチンか。

門田がカッコいいのは分かるが、彼の活躍で事態を収束させるのはどうなんだ。
そこは杏里や帝人が活躍する場面ではないのか?…と思ってしまった。
三人の不和についても、意外なほどあっさり解決。
それにしても正臣の流血、放送禁止レベルにヤヴァいな。


事後処理は大胆かつ大胆に。

durarara_24END_000474599.jpgdurarara_24END_000475350.jpg
durarara_24END_000522813.jpgdurarara_24END_000532323.jpg

静雄が法螺田に復讐する流れは予想に違わず。
あれ、道路標識ってバットみたいに使うものだっけ?w
南無三と手を合わせるセルティ(笑)
ほうほうの体で逃げる法螺田達の後片付けは例の交機のおっさんがしてくれました。セルティが合掌後すぐに引き返したのは正解だったな。


ウザ也過ぎて殴られちった(てへ♪

durarara_24END_000710042.jpgdurarara_24END_000711335.jpg
durarara_24END_000815023.jpgdurarara_24END_000881797.jpg

「すべての人を愛する臨也」と「人を愛せない杏里」
二人の初対決に軍配が挙がったのはやはり臨也。一般人を人質に取るとか、相変わらず狡猾だこと。しかも、静雄とやりあってるだけあって戦闘スキルもあるから厄介。とうとう最後まで彼を追い詰める事はできなかった。

臨也は最後までウザ也だったけど、サイモンが一発くれてやったので少しスカッとした。ほんとに少しだけど。
いや~さすがサイモン。静雄とガチバトルできる人物だけあって、吹っ飛ぶ吹っ飛ぶw

「静雄に負けたくないだけ」というサイモンの指摘はおそらく当たってる。
好きなら真っ直ぐぶつかればいいのにねぇ(^^;

「人間はあんたの事が大嫌い」と波江さんの辛辣な一言
>まさにその通りです。
いや、好きな人は好きなんだろうけどね。主に一部の女性ファンがw


復縁した正臣と沙樹。
二人で居なくなったって・・・え?駆け落ち?恋の逃避行?
別に池袋を出なくてもいいと思うんだけど、まぁ…お幸せに。



瞬間生着替え!!

durarara_24END_001142349.jpgdurarara_24END_001142683.jpg
durarara_24END_001150190.jpgdurarara_24END_001169000.jpg

今回一番テンション上がったのは、セルティの大胆な衣替え!!
いくら高層マンションだからって、大胆過ぎるよ。
この能力使ったらいろんなコスプレできそう。色は黒限定ですが。

「実際挑発してるんだよ」
って、セルティいいいいいいいいい!!!!!!!!

はぁはぁ…(;´Д`)唐突なデレは心臓に悪い。
アグレッシヴなセルティの破壊力ぱねぇっす。
いつになく積極的なセルティに新羅の幸せそうな顔w
新羅とセルティはこの後ベランダでギシアン、いや、イチャラヴした事でしょうよ(ノ´∀`*)


いつか会えるその日まで・・・

durarara_24END_001320945.jpgdurarara_24END_001334208.jpg

チャット上にバキュラ(=正臣)出現。
帰るべき場所、日常はネットの中にも存在していた。

ネットによる繋がりを最後に描くあたり、現代舞台の作品らしい。
田舎でくすぶっていた帝人にとって、ネットは「もう一つの世界」だったわけだしね。
しかしそういう観点で見ると、「ダラーズをあっさり解散してよかったのか?」という疑問が残る。
ネット住民と帝人の繋がりの薄さというのを、本編では表していた(←21話:停戦を訴える帝人の呼びかけにダラーズが応えない)けど、むしろそっちにネットの本質があるんじゃないのか?それをいい加減にして解散、はいオシマイってのはちょっと・・・

また、ダラーズに焦点が当てられなかった事で、帝人が活躍の機会を失ったとも思う。
帝の真摯な気持ちが、ダラーズの心を動かして・・・みたい展開にしてもよかったんじゃないかな。
帝人がダラーズを使って正臣を救出する事で、帝人の主人公としての見せ場にも繋がると思うし。

正直、後半の帝人って何もしてなかった気がする。。。
それで杏里とくっついちゃっても、ちょっと…ねぇ?

恋愛という観点においても、帝人は影薄。
「セルティ×新羅」「沙樹×正臣」「美香×誠二」の方が断然中身があった。
まぁ、基本群像劇なので何を主として話を切り取るかによって、評価は異なってくると思うけど。
私としては主人公の活躍というものに期待してしまうのです。


さて、2クールに渡って続いた『デュラララ』はこれで最終回ですが、セルティの首という最大の謎を残したままなので、続編は往々にしてありそう。私としてはセルティ関連の謎に一番興味があったので、是非続編を作って欲しいです。

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

公式サイト  ■ブログ村トラコミュ  ■Wikipedia

▼過去記事参照▼ 
デュラララ!! 第1話 『開口一番』
デュラララ!! 第2話 『一虚一実』
デュラララ!! 第3話 『跳梁跋扈』
デュラララ!! 第4話 『形影相弔』
デュラララ!! 第5話 『羊頭狗肉』
デュラララ!! 第6話 『東奔西走』
デュラララ!! 第7話 『国士無双』
デュラララ!! 第8話 『南柯之夢』
デュラララ!! 第9話 『依依恋恋』
デュラララ!! 第10話 『空前絶後』
デュラララ!! 第11話 『疾風怒濤』
デュラララ!! 第12話 『有無相生』
デュラララ!! 第13話 『急転直下』
デュラララ!! 第14話 『物情騒然』
デュラララ!! 第15話 『愚者一得』
デュラララ!! 第16話 『相思相愛』
デュラララ!! 第17話 『有為転変』
デュラララ!! 第18話 『死生有命』
デュラララ!! 第19話 『蒼天巳死』
デュラララ!! 第20話 『黄天當立』
デュラララ!! 第21話 『五里霧中』
デュラララ!! 第22話 『解散宣言』
デュラララ!! 第23話 『千錯万綜』

『デュラララ!!』の関連商品(Amazon.ne.jp)
スポンサーサイト



レンタルCGI ブログパーツ