リリカル☆スアラ 小説『幽霊なんか見えない!』感想レビュー
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白髪幼女は鉄板です。

maidsama_12_001457071.jpg

タイトル:ゆうれいなんか見えない!
発売日:2010/4/15
作者・イラスト:むらさきゆきや(HP:http://murasakiyukiya.net/)・むにゅう(HP:http://munyu.neko.ne.jp/)
出版:GA文庫

▼STORY
いよいよ高校デビュー!
幽霊が見えることを周りに話してしまった結果、好きな子にまでキモイと言われてしまった、地獄のような中学時代とも今日でサヨナラだ!
そんな思いを胸に入学式へと向かった調敦志(しらべあつし)は、高校までの通学路で早速幽霊に絡まれていた。
(幽霊なんか見えない幽霊なんか見えない幽霊なんか見えない――!!)。
だが、やっぱり見えた。
このままでは遅刻必至。初日から悪目立ちは嫌だ。高校デビューの夢が……! 悩む敦志の元に、救いの女神(小学3年生)は意外な所
からやってきて!?
「あの……ゆうれいを足に巻きつけるのって、楽しいんですか―?」
第1回GA文庫大賞奨励賞受賞作。


イラストは、『れでぃ×ばと』で有名なむにゅう氏。
簡単に言えば、ランドセル標準装備の小学三年生・依ちゃんに萌える作品w
表紙にピンと来たら買ってガッカリすることはないと思われ。



感想は続きからどうぞ。(ネタバレ有注意)


本作の中心人物である淳志と依。
二人は同じ”幽霊が見える”体質でありながら、”それ”との向き合い方が違うのが面白い。
淳志は幽霊が見える事をひた隠しにする事で、無難に生きているが、依は人前でもお構いなし。

それは依が退魔師だと言うことも理由の一つではあるが、依の幼さでもある。
人間社会では異端は尽く排除されるからだ。
事実、淳志は幽霊が見えると主張する事で周りから異端扱いされてきた。
小学三年生である依には、それがまだ分からないのだ。


「幽霊なんか見えない!」というタイトルは淳志の生き方そのものであるが、終盤、依を助けるために「俺には幽霊が見える!」と叫ぶ。
これは本作で最も盛り上がる所であって、全体の流れとしてもある種のカタルシスが得られる。依や友人との関わりによって、彼の成長がみられるのだ。


概ね好印象だが、残念な箇所もいくつか。
例えば、依の”食霊”むしろ”喰霊”
彼女の除霊方法が一風変わっていて、霊をガツガツ喰うのだ。
可愛らしい小学生にそんな事をさせていいのかという疑問がまずある。
行為自体のインパクトは勿論、話の展開上(彼女のコンプレックスと主人公の心境の変化)意味のある行為ではあるのだが、他のモチーフでも代用可能であったと思う。
受容のされ方は様々であろうが、個人的にマイナス要素。

また、クラスメイトの美穂や生徒会長・香利奈などのサブキャラの生かし方が残念。
本編に美穂が突然淳志に告白してきて、部屋にいた会長と鉢合わせする場面がある。
こういう展開自体はは非常に好きなんだが、美穂の告白があまりに唐突過ぎる。
字数制限もあったのだろうが、この辺はもっと描写が欲しいところ。

香利奈は終始牛鬼に操られていて、キャラ本来の魅力が発揮できなかったのが惜しい。
巨乳なお姉さまという絶対無敵な属性をお持ちだというのに…。
胸が大きいと言われて、「はう!?ば、ば、馬鹿者ォ!」「オ、オマエは破廉恥なヤツだなっ。実にけしからん!」という場面はけしからん程可愛いな。


サブキャラについては不満があるものの、続編執筆中という事なので本作で不十分だった所は2巻以降で消化される事だろう。


↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村
▽コメント大歓迎ですが、ブログの方針上、原作のネタバレはご遠慮下さいませ。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
▽トラックバックありがとうございます。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
レンタルCGI ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。