リリカル☆スアラ 真・恋姫無双
FC2ブログ
ドMな管理人が運営している、アニメやPCゲームの感想ブログ。


2010年夏アニメは『学園黙示録』『オカルト学院』『黒執事Ⅱ』など。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

今週はイマイチ面白味が・・・

袁術から宝剣を返してもらうため、化け物退治をすることになった劉備たち。
その化け物とは一体・・・
劉備のビビりっぷりが可愛いw
一緒にお化け屋敷に行きたいです。もしくはホラー映画でも・・・

_000404404.jpg

化け物登場につき、鈴々と関羽が星に抱きつく図
いろんなところも揉みしだかれて、星は達してしまったようです(〃▽〃)
鈴々、いくら掴みやすいからっておっぱい掴んじゃ駄目。
関羽は足をどこに押しつけてるんだ・・・

虚偽報告で言葉巧みに宝剣奪還を試みる朱里。
「はてなの茶碗」と宝剣を交換することに成功。
朱里の舌先三寸というか、単に袁術がアホの子なだけですよね(笑

_001138137.jpg_001107064.jpg

まぁ本人が満足してるならいいか。これでハチミツ水もいっそう美味しく飲めますね♪張勲も必要以上に突っ込まずに良いコンビですw

二度目の化け物退治。化け物の正体は、金目当ての子供でした。
まぁそんなところでしょう。予想を裏切らない展開です。

おい、劉備に抱きついてる子供!
ちょっと代わってもらおうか!・・・いや、代わってください( ´Д⊂


劉備達は、袁術をビビらせることで貧しい者に施しを与えさせようと、お化けの恰好で城に忍び込む…。

失禁キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

_001293875.jpg

お子様だもの、漏らしちゃっても仕方ないさ。その後張勲にパンツを穿き返させてもらってる図を想像してニヤニヤ・・・

最後はよくある実は本物の幽霊でしたというオチ。必要だったかは甚だ謎です。
今回は正直あれ?どうしたの?って話だった。エロも薄かったし、お話もイマイチ。
こんなことしてる暇あったら新キャラ出して行こうぜ!



▼アイキャッチ&エンドカード

_000724140.jpg
_001529402.jpg
↑ハチミツ水が違うモノに見えて仕方ありません。このイラストいいな~

次回 第9話「楽進、李典、于禁、村を守らんとするのこと」

次回は再び劉備軍の新キャラ。魏好きには嬉しいんだが、呉の存在が抹消されてる現状に一縷の危惧を抱く。3期作る気なのかな・・・

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
真・恋姫†無双 第1話 『馬超、悶々とするのこと』
真・恋姫†無双 第2話 『劉備、桃花村を訪れるのこと』
真・恋姫†無双 第3話 『公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと』
真・恋姫†無双 第4話 『張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと』
真・恋姫†無双 第5話 『郭嘉と程、曹操に仕えんとするのこと』
真・恋姫†無双 第6話 『典韋、曹操に試されるのこと』
真・恋姫†無双 第7話 『陳宮、呂布に拾われるのこと』

公式HP→http://www.mmv.co.jp/special/shinkoihime/

『真・恋姫†無双』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

まるで幼稚園児のお遊戯会だな(笑

_000137470.jpg

ハチミツ大好き、お子様君主<袁術>
つき従うのは袁術ラブの張勲。この二人の掛け合いは見てて微笑ましいというか、愛すべきキャラです。袁術のハチミツ好きは、実は史実にもあるエピソードで、死の直前ハチミツを所望するも得られずそのまま亡くなったという話が『三国志演義』にあります。前回の曹操の梅の話といい、ちょくちょく史実混ぜてくるから侮れません(^^;


パンダのキンタマに光当てんなwww

000249624.jpg
000390890.jpg000237820.jpg

右下の画像。道を歩く変態の姿が・・・
卑弥呼は隠しキャラ的扱いなのかな?
子宝飴の形状・・・直接的過ぎるw

お腹が痛くならないように、犬のお守りを買うと言う鈴々。
その前の袁術もそうだけど、子供ってすぐお腹痛くなるのねw

鈴々が手に取ったお守りを寄こせと迫る陳宮。
確かに今回ばかりは鈴々の方が正論ですね。
陳宮は呂布の事となると周りが見えなくなる子なのです(^^;


これが陳宮キックだ!!

000485526.jpg

呂布に近づく者にはすべからく制裁を。そんな陳宮の傍若無人な態度に怒ったのか、陳宮を見つめる呂布の顔が怖い(((;゚д゚)))

000516057.jpg000527568.jpg

しかしながらそこは天然娘で有名な呂布。ツッコミがズレてる(笑
ずっこける関羽達。こんな所でパンチラキタw

「交尾」のワードに対するそれぞれの反応が面白い。

000553928.jpg

朱里は真っ赤で、劉備と関羽は(〃▽〃)ポッくらい。
さすがに星は何ともない様子。鈴々は何の事か分かってない、と。
私としては(>v<)な風になってる劉備が一番可愛いと思う。 


貧乏少女と犬一匹――

最後に辿りついた廃寺で天使達が・・・
いや、天使じゃなくて天女かw そこはちゃんとしてると感心。

言わずもがな、設定がフランダースの犬ww
↑これってアニメオリジナルの話だよね?

昇天しかけた陳宮と犬だったが匂いに釣られて復活w
匂いを辿った先で呂布と出会った、と。


華雄登場!!

001011176.jpg

原作ではそれなりの武勇を有しつつも、ほとんど活躍すること無くすぐ亡くなってしまう不遇のキャラ。
猪突猛進で潔い性格の華雄。結構好きキャラなんだが、アニメでも活躍の場はなさそう( ´Д⊂

ばっちいままじゃ賈詡が怒るということで呂布と陳宮はお風呂に~~♪
でも湯気が濃すぎて全然見えません(泣
ミッチェルの喘ぎ声(?)はエロいな・・・ゴクリ

001159825.jpg001162578.jpg
001167124.jpg001179303.jpg

眠れない陳宮の為に呂布は添い寝。
何故か胸アピールしてるけど、こんなに巨乳だったっけ?
個人的には、呂布ってそんなに巨乳のイメージは無い。

呂布の態度優しいけど、犬と同等の扱いだよね・・・(笑
まぁ陳宮がそれでいいのならいいけど(^^;

回想が終わって、星が呂布の方天画戟に付いていた木彫りの犬が無くなっていることに気づく。実はそれが鈴々が買った犬のお守りで、優しい鈴々はそれを陳宮に譲ってあげました。

良い話だな~。陳宮が強引に鈴々からお守りを奪おうとしていたのも、呂布の大事な物だからだったんですね。馬超とケンカした時の話もそうだけど、鈴々が良い所を持っていくことが多い気がする。


▼アイキャッチ&エンドカード

000723639.jpg
001528026.jpg

次回 第8話 『袁術、化け物を退治させんとするのこと』

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
真・恋姫†無双 第1話 『馬超、悶々とするのこと』
真・恋姫†無双 第2話 『劉備、桃花村を訪れるのこと』
真・恋姫†無双 第3話 『公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと』
真・恋姫†無双 第4話 『張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと』
真・恋姫†無双 第5話 『郭嘉と程、曹操に仕えんとするのこと』
真・恋姫†無双 第6話 『典韋、曹操に試されるのこと』

公式HP→ http://www.mmv.co.jp/special/shinkoihime/

『真・恋姫†無双』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

実際この時代、客人に対して


人肉を振舞ったという話もあってだな……



000519685.jpg

肉まんの中身は何?とクイズを出す典韋。
牛でも豚でもなく、二足歩行で頭に「に」が付くって言われたら誰でも人間だと思っちゃいますよねw
答えは、にわとりでした。
よかった。恋姫でカニバリズムとか見たくないよねw
そして星は「人を喰った話」とうまい事を(^^ノ座布団一枚!


唐突に始まった曹操VS典韋駄の料理バトル。
劉備達は審査員として参加。
曹操自ら料理を振舞ってくれるということで魏軍のテンションアップ!!


下の口からヨダレ。


そして足舐めに踏みまで・・・



000703661.jpg000794460.jpg
000802259.jpg000804053.jpg

まったく曹操軍は百合百合しいというか、変態しいというか。
桂花のドMっぷりは我が身を見ているかのようだww
やっぱり足ですよね( ≧▽≦)b Good Job!

突然乱入してきた暴れ牛。
曹操は郭嘉に鼻血で攻撃するように命令!
やっぱり武官として召抱えられるのか・・・
牛は赤いスカートを穿いた典韋に襲いかかるも、怪力無双な典韋は牛を一投げ。
「あ~びっくりした」って吉本的なボケww
ずっこけ方も完璧です(笑

ここ数回、インパクト強い回が続いたから、今回は少々大人しい印象。
華陀はあの年でおじさんか~( ´Д⊂
まぁリンリンからみたらおじさんなんだろうなw
あ、そういや今回も背景に変態がいたね♪(店の前
絶対営業妨害だ・・・



▼アイキャッチ&エンドカード

000664288.jpg
001528985.jpg

次回 第7話「陳宮、呂布に拾われるのこと」
次回はいよいよ、最萌えキャラとして名高い(?)呂布、陳宮コンビの登場!!
個人的に本命です(〃▽〃)

↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
真・恋姫†無双 第1話 『馬超、悶々とするのこと』
真・恋姫†無双 第2話 『劉備、桃花村を訪れるのこと』
真・恋姫†無双 第3話 『公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと』
真・恋姫†無双 第4話 『張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと』
真・恋姫†無双 第5話 『郭嘉と程、曹操に仕えんとするのこと』

公式HP→ http://www.mmv.co.jp/special/shinkoihime/

『真・恋姫†無双』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

元気になれ-------------ッ!!

000301217.jpg

ゴッドヴェイドーの最後の後継者にして熱血医師<華陀>
変態三人組が内の一人ですね(^^;
こいつが出るということは、あのバケモノもまさか・・・(((;゚д゚)))
↑他のブロガーさんの記事読んで確認して見たら、街の背景に発見!!
原作知らない人でもすぐ分かるww本編にも絡んでほしい・・・
それと、それを確認してたら偶然、典韋も発見!飯店で料理作ってますw


みんな「ゴッドヴェイド~~」ってノリノリなのが可愛すぎるww
お腹痛がってる鈴々もよかった。(←子供ってよくお腹痛くなるよね。


血を吐いて倒れている人発見!!

_000557306.jpg_000588337.jpg
_000790998.jpg_000617241.jpg

しかし別段怪我をしている様子も無く、鼻血でしたw
極度に興奮すると鼻血噴いちゃう子なんです(^^;

<郭嘉と程イク>
今井麻美さんも氷青さんも好きな声優さんなのでうれしいですねw
今ちょうど『装甲悪鬼村正』の一条さんにハマってるので、特に氷青さんに対する思い入れが強し。
↑村正だと全然キャラ違うけどね。どっちの氷青さんも好きです♪
今井さんも『あかね色』『かにしの』辺りでファンになりましたw
表の名前だとやはりアイマスが有名なんでしょうかね~


妄想は郭嘉の専売特許(ノ∀`)

_000723556.jpg_000710751.jpg
_000712420.jpg_000716799.jpg

こらこらあんまり妄想が過ぎると命の危険が・・・
程イクの「トントンしましょうね~」はツボ。
関羽のしっとりツヤツヤまだひっぱるか(苦笑
郭嘉の頭の上の人形そういや「ホーケイ」って名前だったな・・・。いや、他意はないよ(^^;

最近「アレ」が無いという曹操は華陀に治療を求める。
アレというのは便秘らしい。私もてっきりあっちの方かと…。
便秘なら話は簡単、はいちょっとお尻出して~~(オイ

_001017641.jpg_001014638.jpg

腹を裂くのが不安な曹操
確かにこの時代に正しい医術なんか無いわけだし、曹操が不安に思うのも無理からぬこと。
まぁこのアニメに時代考証を試みても無意味だが(笑
おそらく正しいことを言っているのであろう華陀。しかし時代は華陀に追いついていなかった。いつの時代も天才は世に認められないものなんですね( ´Д⊂

魏に士官したい程イクと郭嘉を連れて曹操の元にやってきた関羽。
目通りを許された場所はお風呂。三人で湯につかるも暗殺者登場!!
曹操の命を狙うも郭嘉の鼻血攻撃で敵が怯み、意図せずお手柄♪

_001146103.jpg_001319568.jpg

程イクはその才を認められ魏の軍師となり、郭嘉は鼻血の功を讃えられ、曹操の親衛隊を任されることに。
親衛隊ってことは曹操の側使え。つまり閨を共にする間柄ということ…。
程イク・・・血は足りてるか。


▼アイキャッチ&エンドカード
000742950.jpg
001527526.jpg

次回 第6話 「典韋、曹操に試されるのこと」

予告で郭嘉「本当は軍師志望なのにー」って、ほんとそうだよね。
史実では赤壁の敗戦の際、曹操に「郭嘉がいれば・・・」とさえ謂わしめた名軍師ですよ(苦笑


↓ランキングに参加してます。気が向いたら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ
にほんブログ村

▼過去記事参照▼ 
真・恋姫†無双 第1話 『馬超、悶々とするのこと』
真・恋姫†無双 第2話 『劉備、桃花村を訪れるのこと』
真・恋姫†無双 第3話 『公孫賛、袁紹と雌雄を決するのこと』
真・恋姫†無双 第4話 『張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと』

公式HP→ http://www.mmv.co.jp/special/shinkoihime/

『真・恋姫†無双』の関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)


レンタルCGI ブログパーツ